1. TOP
  2. 坐骨神経痛はダイエット・体重管理をして、下肢への負担を軽くしよう

坐骨神経痛はダイエット・体重管理をして、下肢への負担を軽くしよう

 2015/11/27 生活習慣
この記事は約 5 分で読めます。

坐骨神経痛を改善するために、もしくは防止するために自分でできることはいろいろあります。

そのなかでももっとも簡単で手っ取り早い方法は、体重を減らすこととされています。

ぽっちゃりした体型の方は、自然と腰や膝など下肢に負担がかかりやすくなります。そのせいで坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニアを患っている方もいらっしゃいます。

ですから、痩せることで坐骨神経痛の痛みが改善し、原因となっている病気の治療もしやすくなると言われています。

体重管理をすることが、坐骨神経痛にとって良いと言われる理由

坐骨神経痛と体重管理

坐骨神経痛に効果があると言われている、ウォーキングや水中歩行、ストレッチやヨガ。

こういった運動療法と一緒にやっていくべきなのが、ダイエットです。

体重を減らすことで、坐骨神経痛にも効果があります。しかしそれ以上に、さまざまな恩恵があることを覚えておきましょう。

まず、体重を減らすことで運動がしやすくなり、運動療法も効果が出やすくなります。

また、生活習慣病などの対策にもなりますので、健康を意識している方にはぴったりです。

さらに、体重が減ると気持ちも明るくなります。運動をするのも、坐骨神経痛の治療をするのも前向きな気持ちになりやすくなるでしょう。

そういう意味でも、坐骨神経痛の治療と体重管理は切っても切り離せない関係と言えるのです。

体重管理をする前に、自分の体重が増加した理由を分析しよう

体重管理に重要な3つのポイント

坐骨神経痛の治療のために、体重を減らそうとお考えの方はまず、自分の体重が増加した理由をよく見極めてみましょう。

体重が増加する理由は、主に3つあります。

①間食が多い、飲酒する量が多いなど、食事面で問題がある

②運動をしていない

③それ以外の理由(薬の副作用、妊娠など)

今回は、①の食事にまつわる体重管理法についてご紹介していきます。

体重管理をする場合に、まず欠かせないのが「食生活の見直し」

 

食生活の見直しをしよう

食事に問題がある方は、まず食生活から変えましょう。

坐骨神経痛になる方は年配の方が多いとされていますが、若い頃と同じような食生活をしていると体重がつきやすく、落ちにくくなります。

また、年配の方は、脂質と糖質、炭水化物のとりすぎには注意しましょう。肉はできるだけ脂肪がない部位を選び、鶏肉は皮をとってから食べるなど工夫をしましょう。揚げ物も、頻繁に食べるのはおすすめできません。

さらに、気を付けておきたいのは味付けです。

「好きだから」と、つい濃い味付けにしてしまいがちな方もいるようですが、これは知らず知らずのうちにご飯がすすみ、食事の量が多くなってしまいがちです。また、塩分が多いと高血圧になりやすくなるという欠点もあります。

そして、女性に多いのが「便秘」です。

これは野菜不足、つまりビタミンや食物繊維が足りていないと起こります。それ以外にもまめに水分をとることを意識しましょう。

たまに「11食」や「12食」で済ませている方がいますが、よほど小食でない限りはおすすめできません。間食を食事代わりにするのもだめです。

できるだけ、ちゃんとした食事を13食とるような生活を送りたいですね。

年配の方は、「糖質制限ダイエット」には要注意

最近は、糖質制限ダイエットというものも流行しています。

これは、1日に摂取する糖質を制限して、ご飯やパンを食べないようにするという食事制限ダイエットです。

ですが、炭水化物をまったくとらないと、逆に健康を害することがあります。

高齢者の方は骨粗しょう症や筋肉量の低下につながることがありますので、安易に手を出すのはやめましょう。

また、急に体重を落とすと、それだけリバウンドもしやすくなります。それよりは、こつこつと、地道に痩せるのが大事です。

何より大事なのは「健康な体を作る」ための意識

健康的な生活を送ろう

ただし、坐骨神経痛の患者さんでも体重管理が必要ない方もいます。

もともとの体型が痩せ型な人は、無理に痩せる必要はありません。筋肉をつける、もしくは体を柔軟にする運動などをメインにしていきましょう。

また、坐骨神経痛の原因が内臓の病気や腫瘍が原因だった場合も同様です。

医師に減量をすすめられたらまだしも、病気の

時にはあくまで健康を意識した生活を送るようにすべきでしょう。

まとめ

坐骨神経痛にとって、体重管理はもっとも気軽にでき、効果も出やすい治療法です。

運動療法などと組み合わせれば、さらに効果もアップするでしょう。体重を減らすことで、痛みなどの症状は軽くなる傾向にありますし、何より健康にもいいかと思います。

ただし、体重を無理やり減らそうとしてストレスまみれになってしまったり、健康を害したりしてしまっては元も子もありません。無理なく、自分にできる範囲の体重管理から始めましょう。

また、無茶なダイエットは禁物です。「食事をしない」「○○しか食べない」といったダイエット法は、体を壊す可能性が大きいので絶対にやってはいけません。

 

(関連記事)

坐骨神経痛の原因はストレス?入浴と睡眠でリラックスして改善しよう

無理のないジョギングで体重コントロールをしよう!

サプリメントは効果あるの?30代女性の体験談

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 腹式呼吸の習慣化で体をリラックス!坐骨神経痛の根本解消を目指そう

  • 腰痛や坐骨神経痛など足腰の症状はスポーツクラブ・ジムで解消しよう

  • 坐骨神経痛を根本改善!無理のないジョギングで体重コントロール

  • 薬・手術は不要!坐骨神経痛は生活習慣を変え、根本原因から改善!

  • 坐骨神経痛の原因はストレス?入浴と睡眠でリラックスして改善しよう

  • 坐骨神経痛が悪化し、歩行困難になる前に心がけたい7つ再発予防法!