1. TOP
  2. 脊椎側弯症は早期発見・早期治療が大事?正しい知識と治療方法を紹介

脊椎側弯症は早期発見・早期治療が大事?正しい知識と治療方法を紹介

症状
この記事は約 4 分で読めます。

背中や腰が痛いと背骨に異常があるのではないかと心配する人は少なくありません。その中でも背骨が曲がっていないかどうかを気にする人が多いようです。

背骨が側方へ曲がってしまう疾患を脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)と言います。

今回は、この脊椎側弯症についてお話させていただきます。

脊椎側弯症とはどんな疾患?

脊椎側弯症

出典:bioworld-tazawa.com

本来、背中から見て背骨は真っ直ぐになっていますが、背骨が左右に弯曲するように曲がってしまう疾患があります。それが脊椎側弯症です。この脊椎側弯症は見た目に変化が出るという点で他の腰痛と少し異なります。

脊椎側弯症にはいくつかの種類があります。

機能性側弯症

日常の姿勢の悪さや筋肉の張り・疲れ、筋力のアンバランスなどから起こる側弯症です。

変性側弯症

椎骨(背骨の骨)や椎間板の変性、圧迫骨折などによって起こる側弯症です。

突発性側弯症

原因が不明な側弯症です。側弯症の多くはこの突発性側弯症です。

小中学校の頃に起こることが多く、特に女性が起こりやすい疾患です(男性の57倍)。

脊椎側弯症は自覚症状が無いことが多い疾患で、症状がひどくなければ自分自身で気づくことはあまりありません。早期治療が必要な疾患のため、小中学校の検診の際は側弯症がないかどうかの診断も行われます。

脊椎側弯症かどうかのセルフチェック

脊椎側弯症セルフチェック

他の人に「体が曲がっているみたいよ」「歩き方がなんか変だよ」と言われた際には、自分自身や家族の人にチェックしてもらいましょう。

  • 肩の高さが左右同じかどうか?
  • 肩甲骨の位置は左右同じかどうか?
  • 骨盤は左右に傾きがないかどうか?

多少の違いは筋力のバランスや日頃のカラダのくせによって起こることがありますが、それぞれが大きく異なる場合は脊椎側弯症である可能性が高いです。その場合はすぐに整形外科で診察することをオススメいたします。

Sponsord Links

また、誰か姿勢をチェックしてくれる人がいるようならこれから説明する方法を試してみてください。

  • 両手の手の平をぴったり合わせたまま、立った姿勢で前屈をします。
  • チェックしてくれる人は後ろから見て背中の状態を確認します。
  • 左右の背中を比べて片方が大きく盛り上がっていたり、肩甲骨が飛び出ているように見えたら側弯症の疑いがあります。

脊椎側弯症の治療は整形外科へ

お医者さん

 

もし側弯症が疑われた場合はすぐに整形外科へ受診してください。なぜなら特発性側弯症だった場合は骨が成長し続けていると進行してしまうからです。

思春期に発症した場合は、骨の成長による進行を防ぐためにコルセットなどの装具をつける治療法が行われます。

筋力のアンバランスや腰椎や椎間板の変性による側弯症は、背骨を支える筋肉を鍛え安定させるための運動療法が行われます。

日頃からの姿勢に気をつけることも重要です。

機能性側弯症の場合はストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めることも効果的です。

まとめ

スポーツインストラクター

脊椎側弯症の多くは突発性側弯症です。思春期の時期に発症した場合しっかりコルセットで固定しておかないと側彎が治らなくなるだけでなく、より一層ひどくなっていったり、大人になった時に腰痛が起きやすくなったり、呼吸器系に影響を与えることもある病気です。

痛くないからと言って素人判断で放置するのではなく必ず整形外科で診察してもらうようにしてください。

 

(関連記事)

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

スポーツトレーナーが教える座ってできるストレッチ

Sponsord Links

ストレス発散にもいいウォーキングのポイントとは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 脊柱管狭窄症の症状と原因、加齢変化について(坐骨神経痛の方も)

  • 「その痛み仙腸関節障害が原因?」主な症状と3つのセルフチェック法

  • こむら返りを速攻解消!スポーツトレーナーが教える対処法と予防法

  • 子供の腰痛は要注意?知っておきたい四大原因と正しい予防・改善法

  • 変形性腰椎症の症状!主な原因から治療法・リハビリまで解説

  • 坐骨神経痛の要因の一つ、腰部脊柱管狭窄症ってどんな症状?