1. TOP
  2. 坐骨神経痛を治療する時、ストレッチや体操は効果的なのか?

坐骨神経痛を治療する時、ストレッチや体操は効果的なのか?

ストレッチ
この記事は約 5 分で読めます。

坐骨神経痛には、運動が効果的だとされています。もちろん、激しい運動ではありません。

坐骨神経痛に効果があるのは、軽い体操やストレッチとされています。

こういった運動療法を行うことで、筋肉などのこわばりがとれ、血行が良くなります。また、下肢に適度な筋肉をつけていくことで、坐骨神経痛が改善するケースもあります。これを続けることで、坐骨神経痛からくる痛みが改善できることでしょう。

今回はこの「坐骨神経痛とストレッチ体操」のお話をさせていただきます。ぜひご覧ください。

坐骨神経痛に効果的な「ストレッチ」「ヨガ」

ヨガと坐骨神経痛

坐骨神経痛に効果がある運動としておすすめなのが、ストレッチやヨガです。それ以外にも、プールの中を歩く「水中歩行」もいいでしょう。また、腰の痛みを改善するのに特化した「腰痛体操」もおすすめです。

反対に、腰や足に負担がかかるような激しい運動や、腹筋を鍛えるトレーニングなどは避けましょう。しかし、ジョギングやウォーキングなども、痛みが出なければやっても構いません。

ただし、痛みが出てきたらすぐに中止しましょう。

こういった運動は、毎日少しずつでもいいので続けることが肝心です。効果が出るまでには少し時間がかかりますが、着実に坐骨神経痛の痛みが軽減すると言われています。

ただし、間違った方法で体を鍛えると、痛みが悪化することもあります。必ず専門家の指導を受けてからにしましょう。

坐骨神経痛に、なぜストレッチが効果的なのか?

坐骨神経痛に、どうしてストレッチや体操などが効果的なのでしょうか?

まず、ストレッチや体操のような軽い運動で体を動かすことで、筋肉や靭帯のこわばりをほぐし、血行を良くすることができます。そうすれば神経に栄養や酸素が充分に行きわたるようになり、痛み物質や炎症物質の排出が促されます。さらに腰椎や下肢を支える力も強まり、腰に負担がかかりにくくなるのです。

坐骨神経痛に効果があるストレッチは、腰を中心に行うべきです。背中やお尻、股関節、太ももの裏の筋肉などを丹念に伸ばすことで、疲労物質の排出も促せるはずです。

血行が悪くなると、痛み物質、炎症物質、疲労物質などが溜まりやすくなります。

これが坐骨神経痛の原因となり、慢性的な痛みを引き起こすこともあるのです。

坐骨神経痛の痛みを軽減する、上手なストレッチのやり方

坐骨神経痛とヨガの効果

柔軟や体操に無縁だった方に、上手なストレッチなコツを伝授しましょう。大事なのは、「伸ばしているところを意識する」こと。

どの部分の筋肉を伸ばしているのか意識すると、筋肉をうまく伸ばすことができます。

鼻で息を吸い、口から息を吐きながら筋肉を伸ばしましょう。

Sponsord Links

また、体の硬い人は無理にやろうとしないこと。反動をつけてストレッチをすると、筋肉を傷めてしまう可能性があります。「気持ちいい」と思うくらいまで伸ばせば問題ありません。

それでは、ストレッチが効果的な時間帯・タイミングとはいつなのでしょうか。体を動かすべきタイミングは、同じ姿勢が続いた時です。朝、目覚めてからや寝る前、仕事や車の運転などで同じ姿勢が続いた時などにストレッチをしてみましょう。

坐骨神経痛の原因によって、やるべきストレッチも変わる

気を付けたいのは、坐骨神経痛の原因によってストレッチの方法を変えたほうがいいということです。たとえば、腰部脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛の患者さんは、後ろに腰をそらすようなストレッチは避けましょう。反対に、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんは腰を伸ばすストレッチが効果的です。

このように、原因によって効果的なストレッチのやり方は違うのです。

無理は禁物!ストレッチをするうえで守りたいルールとは?

なお、坐骨神経痛を改善するためにストレッチをする際には、以下のルールを守らなくてはいけません。

まず「痛みが強い時に無理をしない」こと。無理をしては、痛みが強くなるだけです。

また、「痛みが出てきたら中止する」ことも大事です。痛みが強くなったら、整形外科で診察してもらいましょう。

さらに、「一気にやろうとしない」こと。坐骨神経痛においては、何時間もかけて集中してストレッチをするよりも、毎日こつこつ続けることが大事なのです。

何事も「継続は力なり」ですね。

まとめ

いかがでしたか?

坐骨神経痛の改善には、ストレッチやヨガなどの軽い運動は欠かせません。手術の後のリハビリにも、運動療法は必要になってきます。

普段体を動かす習慣があまりない方も、これを機に簡単なストレッチを始めてみましょう。そうすることで、下肢も強くなり、坐骨神経痛の痛みも軽くなってくるはずです。

ただし、無理をすると痛みが強くなってしまう可能性もあります。坐骨神経痛の原因に合わせてストレッチを組み合わせ、より効果的な運動をするようにしましょう。坐骨神経痛の治療もよりスムーズに進みます。

健康な体を取り戻すためにも、気軽に始めてみて下さい。

 

【ストレッチ・体操 関連ページ】

坐骨神経痛ケア|足腰のしびれや痛みにも効果的な10秒ストレッチ

バランスボールで無理なく坐骨神経痛のケアをする7大テクニック

坐骨神経痛におけるヨガ、ストレッチのやり方、効果、注意点とは?

坐骨神経痛からくる痛みを軽くする、オススメのストレッチの方法とは

Sponsord Links

坐骨神経痛の対策・腹筋編 自宅で気軽にできる『体操・ストレッチ』

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 坐骨神経痛を治すスポーツトレーナーが教える座ってできるストレッチ

  • スポーツトレーナー直伝!背中から腰周辺のコリをほぐすストレッチ

  • 坐骨神経痛、梨状筋症候群を改善!お尻のコリをほぐす簡単な方法

  • 腰痛を防ぐカギは運動にあり!アスリートが実践する予防法と運動法

  • 接骨院10年勤務のプロ直伝、自分でできる簡単な坐骨神経痛の対処法

  • 坐骨神経痛改善にオススメ|無理せず背面全体を伸ばせるストレッチ