1. TOP
  2. 腰痛にはコルセット・サポーターよりも自分の筋肉ベルトが大事?

腰痛にはコルセット・サポーターよりも自分の筋肉ベルトが大事?

改善グッズ
この記事は約 4 分で読めます。

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛で悩んでいる方には、少しでも痛みを改善しようとコルセット・サポーター・腰痛ベルトなど使用している方もいることでしょう。
これらは腰椎にかかる負担を軽くしてくれ、また保温効果もあると言われています。

しかし、使用方法やつける場所を間違えてしまうと意味が無かったりあるいは逆効果になってしまう場合もあります。

今回は、私のヘルニア体験談を交えて私も試したオススメのコルセットと正しいコルセットの使い方をご紹介します。

コルセット・サポーター・腰痛ベルトの効果とは?

腰痛ベルト・コルセット

コルセット・サポーター・腰痛ベルトを使用して腰をしっかりと固定し安定させることで、お腹と腰に圧迫力がかけられ腰椎にかかる負担をかなり軽くしてくれます。

私は、ぎっくり腰を突然発症してしばらく歩くこともできずに寝たきりになってしまった際に医師からコルセットを使用するよう勧められたこともあり、医師がオススメした病院のコルセットを購入し使用しました。

コルセットを使用したことはその時が初めてだったのですが、使用してみると、座っていても立っていても歩いていても腰が誰かに支えられているかのように軽く感じました。

更に腰全体を包み込むので保温効果もあり、私がぎっくり腰を発症したのは冬場真っ只中だったのですが、コルセットをつけると温かく感じ、痛みも和らぎました。

医師推奨のコルセットは保険適用のものもある

医師

私がぎっくり腰になった際医師からは、

痛みの程度痛む場所は人によって様々で自分に合っていないものを選んでしまったり使用方法を間違えると、全く意味が無かったり最悪逆効果になる場合もある

と言われました。

従って医師が選んでくれた私に合った医療用の硬性コルセットを購入しました。

市販で買える腰痛ベルトやサポートも多くあり、動作を妨げないもの、ズレないもの、通気性のよいもの等それぞれ特徴が異なり金額も安いものから高額なものまでと幅広いですが、健康保険が適用できるものもあります。

Sponsord Links

ヘルニア治療には長期間かかることも多く、自分に合わないものを使用してお金と時間を無駄にするよりは、少し多めにかかってしまっても絶対に効果がある安心できるものを選んだ方が断然良いと思います。

コルセットやサポーターに頼らない筋肉ベルトを作ろう

シックスパック筋肉

ヘルニアの原因は、腰の筋肉が弱くなって腰を支えている脊髄に負担がかかり問題を起こすとされています。

私も医師から、

「最終的にはコルセットではなく筋肉のベルトを自分の腰の周りに作り上げ、そのベルトで腰を支えてあげれば腰や骨に負担が掛からなくなる。」

と言われ、コルセットは一時的な応急処置として使用するようにアドバイスされました。

私の場合、普段から全く運動をしておらずこの筋肉ベルトがほぼ皆無であった為、ヘルニアも重症化しており最終的には手術をしなければいけなくなりました。

この筋肉ベルトが少しでも備わっていれば手術は回避できたのではないかと思います。

9割のヘルニア患者は自然治癒で完治できますが、痛みが軽減してきたらコルセットなどは使用せずに自分の筋肉ベルトを作るようにしましょう。

私は手術後この筋肉ベルトを作るように心がけ、今では痛みの無い生活を送ることができるようになりました。

まとめ

坐骨神経痛ちゃん

コルセットや腰痛ベルトは、腰も背中も固定されて正しい姿勢を保てる為、腰にかかる負担も軽くなります。

しかし、それらを日頃から常に使用していると腰の周りの筋肉が弱くなってしまいコルセットがないと腰痛を発症してしまうケースもあるので、必要なときだけ装着するようにしましょう。

坐骨神経痛で苦しまない生活を末長く送る為には、コルセット等のサポート用品ではなく、ストレッチや運動による自分の筋肉ベルトを日頃から作ることがとても重要です。

 

(関連記事)

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛の改善は正しい姿勢から!

Sponsord Links

歩行障害になる前に実践したい坐骨神経痛改善エクササイズ

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 坐骨神経痛の方にオススメの靴は軽くて歩きやすいウォーキングシューズ

  • バランスボールで無理なく坐骨神経痛のケアをする7大テクニック

  • 41段階調整できる座椅子とローデスクでデスクワーク作業をした感想

  • ドライバーさん必見!坐骨神経痛を改善・予防する運転時の注意点

  • 坐骨神経痛の改善に!効果的なストレッチチューブの使い方について

  • 自宅でできる坐骨神経痛のツボ押しケア!オススメグッズ6選のご紹介