1. TOP
  2. 体験談 女性編|腰の三大トラブル【腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛】

体験談 女性編|腰の三大トラブル【腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛】

腰のトラブルといえば、腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛と言われているようです。みなさんも一度は経験したことがあるのではないしょうか?

はじめは時間が経てば治る場合が多いですが、放っておくとだんだん痛さがましてきて、病院や接骨院に行くことになりますよね。

さて、今回はそれらの症状に苦しんだ女性の体験談をご紹介いたします。ぜひ彼女たちの経験を参考にし、少しでも症状が軽減するよう心掛けましょう。

赤ちゃんを抱っこしたまま、くしゃみをした瞬間グギッ!

0367de313faf83dc2794a9e36be5a5b7_s

■40代女性 イベント運営

腰のトラブルにはここ20年近く悩まされています。坐骨神経痛こそ経験したことはありませんが、腰痛持ちでぎっくり腰にもしばしばなってしまいます。

一番傷みがひどいのが、ぎっくり腰。初めてぎっくり腰になったのは、まだ子どもが赤ちゃんだった頃のことです。抱っこしたままでくしゃみをした途端、腰に激しい痛みを感じその場にしゃがみこんでしまいました。

その日は何とか過ごすことができたのですが、大変だったのは次の日の朝のでした。起き上がろうとしても、そのたびに襲ってくる痛みに動くことができないのです。隣で妙な唸り声をあげている私。驚いて起きた主人に抱き起してもらい、そのまま病院へ。痛みどめの注射を打ってもらったのを覚えています。

現在、重い荷物を運ぶことの多い仕事をしており、腰痛は職業病のようなものです。

ぎっくり腰にはならないように、しっかりしゃがんで膝を使って荷物をもつようにしています。

妊娠後期に坐骨神経痛なってしまいました


■30代 女性 主婦

坐骨神経痛になったときのことです。私の場合は、妊娠8ヶ月くらいのときになりました。あるとき、おしりの筋肉の一部分がつぱった症状が現れました。

最初は、腰痛かなと思いました。そして、軽い痛みで一日おいたら痛みも治まると思っていましたが、時間がたつにつれて、動く度に痛むので我慢できなくなりました。

整形外科に行ってっみてもらったところ、坐骨神経痛と言われました。妊娠後期の人もなることがあるようです。それは、いつもと違っておなかが大きくなり、よりおなかを突き出し、腰をそって歩くから腰やおしりに負担がかかり坐骨神経痛になったそうです。ぎっくり腰とも違うようです。

Sponsord Links

子供を産んだ後は坐骨神経痛の痛みはなくなると言われたのですが、今できることは、痛みを軽くするため、赤ちゃんに影響のない湿布を処方されました。

妊婦の方で坐骨神経痛になられた方は、一生続く物ではないので安心してください。

背伸びをしたら腰がピキッ!ぎっくり腰?坐骨神経痛?

■20代 女性 学生

年末のある朝、目覚めた時にふと背伸びをしたら腰にピキッと衝撃と共に強烈な痛みに襲われました。少し動かすと激痛でどうにも身動きが取れません。

スマホでぎっくり腰を検索してみました。坐骨神経痛とぎっくり腰は親戚のようなものだそうです。急性腰痛とも言われるようです。

「私はぎっくり腰か坐骨神経痛、どちらなのだろうか?」似たような症状なので分かりません。

腰椎や骨盤のズレから痛みが起こるのが坐骨神経痛で、ぎっくり腰は腰に疲労が溜まっている場合に急激な強い力が加わると起こるそうです。

年末で病院も開いていないので、しばらくは湿布を貼って安静にして、病院が開いてから受診しに行きました。おかげで、年末休みは寝てばかりの日々でした。(泣)

あとがき

いかがでしたか?

妊娠中や子供を抱っこしたときに「ピキッ!」とくることが多いようですね。

ぎっくり腰は気が緩んでいるときに急にやってきます。気が緩んでいる時、重いものを持った時、立ち上がった時になることが多いので注意が必要かもしれませんね。

やはり普段からストレッチや体操、運動をするように心がけて、なるべく体を柔らかくしておくことも大事でしょう。

そして、慢性腰痛や坐骨神経痛も普段から姿勢を正したり、運動やストレッチをして対策をしておくことも必要です。痛みがないときは大丈夫だと思ってしまいますが、悪化してからの日々は辛いです。

どの症状も「早期発見・早期治療」の原則に沿って、早めに改善をしていきましょう。

【腰痛、坐骨神経痛・関連ページ】

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛・腰痛のストレッチ|おしりや股関節の硬さをとり、健康体へ!

体験談|腰痛、ぎっくり腰は放っておくと坐骨神経痛になってしまう?

Sponsord Links

慢性的な腰痛の治療は病院の整形外科、接骨院、鍼灸院のどれがいい?

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 30代男性の腰痛体験談!整体師の先生が実践した3つの慢性腰痛対策

  • 理学療法士によるリハビリで坐骨神経痛を改善した介護士の体験談

  • 【30代男性 坐骨神経痛体験談】定番の3つの方法で痛みのない体へ

  • 【40代女性の坐骨神経痛体験談】姿勢を正すために始めたヨガで改善

  • 30代男性 坐骨神経痛の治療体験談(ジムで運動&ストレッチ、鍼灸、カイロ)

  • 奇跡的なカムバック!腰椎分離症に悩んだ中年男性が行った3つの改善法とは?