1. TOP
  2. 仕事に復帰できず、退職となった父のぎっくり腰・坐骨神経痛物語!

仕事に復帰できず、退職となった父のぎっくり腰・坐骨神経痛物語!

体験談 坐骨神経痛
この記事は約 4 分で読めます。

「ぎっくり腰だから大丈夫か!」なんて思っていたら、大変なことになってしまうケースもあります。

最近は年配の方だけではなく、若い10代、20代の学生さんの中にも坐骨神経痛で悩んでいる方も多くなってきているそうです。

整体や接骨院、マッサージに行っても治らない、病院でレントゲンを撮っても原因不明と言われる方もたくさんいるようです。

放っておくと、歩行困難や寝たきり状態になってしまう可能性もありますので、早期発見早期治療を心がけましょう。

今回は、ぎっくり腰から坐骨神経痛になってしまった、鈴木さん(仮名)のお話をさせていただきます。ぜひ参考にしてください。

突然父がぎっくり腰に…

ぎっくり腰の父

あれは6年前、65歳の父が仕事中にぎっくり腰を発症。急に立てなくなってしまって家族は大騒ぎでした。

会社を1週間ほど休み、静養していたものの、一向に良くなりません。それどころか、足の付け根から太もも、ふくらはぎまで、電気が走ったような痛みが出るようになりました。

整形外科へ行った結果…

ぎっくり腰の痛みではなくなっていき、その足のしびれや電気が走ったような痛みに悩まされ、休んでいた仕事も退職することに。

この痛みの原因を知るため整形外科へ行き、レントゲンを撮りました。お医者さんから坐骨神経痛と診断され、痛み止めとビタミンB12、シップをもらい帰ってきました。

年齢が高かったこともあり、急に無職となってしまった父は、「痛み」というやっかいな物に振り回されるようになりました。

痛いしか言わない父…

椅子から立ち上がる

来る日も来る日も

「腰が痛い。。」

「太もものがピリピリと痺れる。。」

「今日は、この辺りが痛い。。」

話すことと言えば足腰が痛かったことだけ。聞いている家族も精神的にまいってしまいました。

坐骨から肋間神経痛へ…

肋間神経痛で悩む男性

Sponsord Links

坐骨神経通を治すため、治療へ向かう毎日。整体、接骨院へも行きましたし、効果が期待できると言われるサポーターや塗り薬、ベッドマットレスなども購入し使っていたのですが、一向に良くなる気配はありません。

2カ月くらい経ったころには、坐骨神経痛ではなく、肋間神経痛へと変わっていきました。痛みが点々と移動して、まさにいたちごっこの状態。

最後は耳鳴り、めまいの症状も…

そんな状態を約1年繰り返し。神経痛は治ったものの、次は、耳鳴りやめまいの症状もするようになりました。こうなると、足腰も痛いし、耳鳴りやめまいの症状で満足に日常生活を送ることも困難になってしまいます。

今まで仕事、仕事の毎日で、急に転がり込んだ痛みによって、父の人生は大きく変わってしまいました。

最終的には手術をすることで事なきを得たのですが、ぎっくり腰からここまで悪化してしまう場合もあるということをぜひ知っておいてください。

早期発見・早期治療が大事

 

座骨神経痛は早期発見・早期治療を

みなさんも、足腰の症状には十分気をつけてください。どんな症状でも早期発見、早期治療を心掛けることが大事だと思います。

そして、健康な時から運動や体操をする習慣を身につけることも必要ですね。普段から週に1回でも2回でもいいですので、ストレッチ体操を行ったり、軽いジョギングやウォーキングを行い汗を流すことが日々の健康につながっていくでしょう。

また、毎日の食事も外食やコンビニのお弁当、冷凍食品、レトルト食品などよりも、きちんと自炊して手作りの料理を食べることを心がけたいものです。

そしてストレスのため過ぎも体によくありません。たまには温泉へ行ったり、海、川などを見に小旅行をしてみるのも気分転換になって良いでしょう。そういったきっかけ一つでストレスも軽減し、心身ともによくなるケースもありますので、ぜひ時間を作って試していただければと思います。

おわりに

いかがでしたか?

坐骨神経痛をはじめ、腰痛、ヘルニアなどの足腰の症状は「まだ大丈夫」「我慢できる」と思い、放っておく方も多いかもしれません。

ですが、悪化し歩行困難になったり、寝たきりになったり、他の症状が見えてきたりもしますので、なるべく早く対処をしていきましょう。

健康的な体を取り戻すと、毎日快適に暮らせますし、幸せへとつながっていきますよ。

 

(関連記事)

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛の改善は正しい姿勢から!

Sponsord Links

ストレス発散にもいいウォーキングのポイントとは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 【梨状筋症候群の症状とは?】坐骨神経痛・ヘルニア・狭窄症との違い

  • 【30代女性 梨状筋症候群の体験談】3つのセルフケアで痛みを改善

  • 悪い姿勢でテレビを見続け、ぎっくり腰を発症した40代主婦の体験談

  • 足腰の痛みを治したいなら、ストレッチ体操を続けることが大事

  • 奇跡的なカムバック!腰椎分離症に悩んだ中年男性が行った3つの改善法とは?

  • 椎間板ヘルニアの再発予防にすべきこととは?30代女性の体験談