1. TOP
  2. 腰椎椎間板症はヘルニアの前兆?症状・原因と正しい改善・治療法

腰椎椎間板症はヘルニアの前兆?症状・原因と正しい改善・治療法

 2016/10/08 症状
この記事は約 4 分で読めます。

「腰椎椎間板症」は、酷い腰痛の原因となる病気です。椎間板に負担がかかるとなりやすいと言われており、年齢を重ねれば重ねるほど、そのリスクは高まります。

「でも、腰椎椎間板症になるその原因ってどんなもの?」

「腰痛以外の症状は出たりする?」

「下半身が痺れたりする?」

「なりやすい人の傾向ってあるの?」

など、気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は「腰椎椎間板症」の原因・症状、治療法、リハビリについての情報をご紹介します。

腰椎椎間板症の原因と症状

腰椎椎間板症の原因と症状

出典:blog.livedoor.jp/yagi0370/

腰椎椎間板症は、腰痛を引き起こす病気のひとつです。

背骨は椎骨と椎間板が積み重なってできていますが、この椎間板は加齢とともに老化していきます。年をとると、椎間板の水分が徐々になくなってきて、弾力がなくなり硬くなっていきます。

そのせいで、衝撃にだんだんと弱くなってきてしまうのです。そして、腰に急に負担がかける、もしくは長期間腰に悪い姿勢や作業を続けていると、椎間板に負担がかかって「腰椎椎間板症」になってしまうのです。

その症状はやはり、腰に出ます。「腰が痛い」「腰にしびれやだるさ、重みを感じる」というのが主な症状ですが、特に前傾姿勢になった時に症状が強まるとされています。

椎間板ヘルニアとは異なり、足に痛みやしびれが出ることはありません。ただ、慢性的に腰が痛くなります。

腰椎椎間板症は、椎間板ヘルニアとは微妙に異なります。腰椎椎間板症はヘルニアの前段階のようなもの。椎間板で押し潰された髄核が外に飛び出してきてしまうと、ヘルニアになってしまうのです。

ですので、腰椎椎間板症を放置していた時に、ヘルニアではなく「腰椎分離症」や「腰椎変性すべり症」といった症状が出てきてしまうということもあります。

腰椎椎間板症はどんな人がなりやすい?

腰椎椎間板症になりやすい人

腰椎椎間板症は、どんな人がなりやすいのでしょうか?

年齢でいうと、20代から50代の人がなりやすいとされています。10代ではまだ椎間板が老化しておらず、逆に60代以上の高齢者は椎間板が硬くなりますので、腰椎にダメージに残りにくくなるからです。

また、重い荷物を持つ仕事をしている人や、無理な姿勢で仕事を続けることが多い人、座りっぱなし・立ちっぱなしが多い仕事の人、激しいスポーツをしている人などもなりやすいでしょう。

そして、体型もこの腰椎椎間板症に大きく関係しています。運動不足で肥満体型の人は、腰を支える筋力に欠けていることが多いですし、痩せすぎている人も同様です。それに加え、腰のケガやぎっくり腰などを経験したこともある人も気をつけましょう。

腰椎椎間板症の治療法・リハビリとは?

腰椎椎間板症の治療とリハビリ

腰椎椎間板症を治療・改善するには、まずは姿勢や日常の動作の矯正がメインになります。

前にかがんだり、猫背になったり、同じ姿勢を続けたりするのはやめましょう。椎間板に負担がかかります。特に仕事でデスクワーク作業の多い方は、1時間に1度は立って5分程度歩いたり、伸びや簡単なストレッチをするように心がけましょう。運転(ドライバー)が仕事の方もこまめな休憩をとるといいでしょう。

また、パソコンを使う方はモニターの高さが目線と同じ位置になるよう調整してください。ノートパソコンの方も下に台などを置くなどして前かがみにならないようにしましょう。

そして、シャワーだけではなくゆっくりとお風呂に浸かるのもいいですね。体も芯まで温まり、血行が良くなります。またリラックス効果も期待できますね。

痛みが強い場合は、内服薬の服用や注射、コルセットの装着、運動療法や牽引を使用した理学療法なども行われます。基本的には手術ではなく、保存療法が優先されるとされています。

そして、リハビリにはストレッチや体操、軽いトレーニングやウォーキングなどを勧められる人が多いそうです。まずは病院や整骨院に確認して、どんな運動が自分に向いているのか確かめましょう。

まとめ

坐骨神経痛ナビ

腰椎椎間板症は、椎間板の劣化から起こります。これを予防するためには、腰に負担がかかるような生活や姿勢はやめましょう。仕事柄どうしても腰に負担がかかってしまうという人は、予防用のサポーターやベルトなどを予め装着しておきましょう。その予防策をとるだけでも、腰の負担はだいぶ軽減しますよ。

なお、腰椎椎間板症では保存療法が優先されるとはいえ、手術をする可能性もゼロではありません。その点には注意してください。

 

(関連記事)

太ももの痛み・痺れ!これって坐骨神経痛?ヘルニア?

スポーツトレーナーが教える腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは?

ヘルニアを体験したからこそ分かる、腰痛と坐骨神経痛の痛みの違い

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 【寝たきりにも?】坐骨神経痛からくる膝の痛み!原因と対処法とは?

  • 坐骨神経痛から生じる股関節痛の痛み!症状・原因・対処法を解説

  • 坐骨神経痛の要因の一つ、腰部脊柱管狭窄症ってどんな症状?

  • 梨状筋症候群の診断法 ヒブテスト、フライバーグテスト、ペイステスト

  • こむら返りを速攻解消!スポーツトレーナーが教える対処法と予防法

  • 脊柱管狭窄症の症状、原因と加齢変化について(坐骨神経痛の方も)