1. TOP
  2. 変形性腰椎症の痛みを軽減させる治療家オススメの簡単ストレッチ

変形性腰椎症の痛みを軽減させる治療家オススメの簡単ストレッチ

 2016/08/01 症状
この記事は約 4 分で読めます。

年を重ねるとともに腰の痛みに悩まされる人は増えていきます。病院などで見てもらっても「加齢が原因だからしょうがない」といわれることも少なくありません。

この加齢で起こる腰痛の一つが、変形性腰椎症です。しかし、加齢だからといってあきらめる必要はありません。治療することによって痛みを軽減させることができるのです。

ここでは変形性腰椎症の痛みを軽減させる方法を治療家がアドバイスいたします。

変形性腰椎症ってどんな症状?

変形性腰椎症

出典:nakayama-shiki.net

変形性腰椎症は、加齢などにより骨が変形してしまったり、骨と骨の間にある椎間板が変形してしまうことにより痛みが出る疾患です。椎間板が変形してしまうことにより、関節の間が狭くなってしまったり、関節の噛み合わせが悪くなってしまうことにより症状が引き起こされます。

関節の間が狭くなったり噛み合わせが悪くなると、骨と骨同士の接触が増えその刺激によって骨にトゲのような突起ができる(骨棘)などの骨の変形が起こります。この骨棘が神経などを圧迫することにより痛みやしびれなどの症状が起こります。

また、骨同士の接触により関節に炎症を起こし、痛みを引き起こします。

変形性腰椎症の症状としては、動作時の腰の痛みが挙げられます。

とくに長時間座っていて立ち上がろうとした時や、朝起きたときにカラダを動かそうとした時など、動作の初めに痛みを強く感じます。動作を続けていくと徐々に痛みが軽減していくのも特徴の一つです。

症状がひどくなってくると腰の鈍痛やダルさ、脚にかけてのしびれを感じるようになってきます。

変形性腰椎症を改善させる治療法

医師

残念ながら、変形してしまった腰椎や椎間板を治療によって元に戻すということはできません。変形したまま症状を改善させていくしかないのです。

変形性腰椎症の場合、手術することはなくほぼ保存療法で痛みの軽減を行います。

整形外科や接骨院では電気治療や温熱療法、マッサージなどの理学療法や、消炎鎮痛剤や筋肉の緊張を和らげるような薬物療法で治療が進められます。

変形性腰椎症の改善ストレッチ

変形性腰椎症ストレッチ

日頃からのセルフケアも重要です。

腰回りのストレッチを中心に、お尻や太もものストレッチを行うことで腰の筋肉の緊張が和らぎ痛みを軽減させることができます。

長時間同じ姿勢でいた場合、カラダの動かし始めが痛みやすいので急に体を動かさず少し体を動かしてから動作をすると痛みを感じにくいでしょう。

長時間椅子に座っていた場合は、椅子に座ったまま両手を床につけるようにカラダを前に倒します。床に手をついたら元の姿勢に戻るという動作を3~5回繰り返しましょう。その後立ち上がります。

起床時など寝た状態の場合は、上向きになり両膝を立てた状態で、両膝をゆらゆら左右に倒します。10回ほど左右に倒したら起き上がりましょう。

変形性腰椎症の予防法

運動とエクササイズ

変形性腰椎症も他の腰痛同様、腰回りの筋肉や腹筋を鍛え、腰への負担を減らすことが第一です。

体重の増加にも気をつけましょう。体重が増えることによって関節への負担が大きく増えてしまいます。

ダイエットを行い体重を減らすことでも痛みを予防することに繋がります。

まとめ

スポーツインストラクター

病院で「加齢だから」と言われると、痛くても仕方がないと諦めてしまう人も多いのですが、年齢に関係なくトレーニングやストレッチを行うことで筋肉の状態は確実に改善していきます。

そうすることで痛みが和らいでいきますので、ぜひセルフケアを実践してください。

 

(関連記事)

坐骨神経痛の原因はストレス?入浴と睡眠でリラックスして改善しよう

スポーツトレーナーが教える腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは?

無理のないジョギングで体重コントロールをしよう!

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 脊柱管狭窄症の症状、原因と加齢変化について(坐骨神経痛の方も)

  • 坐骨神経痛が悪化すると間欠跛行、排尿障害、便秘の症状も出てくる

  • 坐骨神経痛から生じる股関節痛の痛み!症状・原因・対処法を解説

  • 子供の腰痛は要注意!プロが早期発見を勧める理由と予防法について

  • 脊柱管狭窄症の治療 保存療法,薬物療法,理学療法について

  • 腰椎椎間板症はヘルニアの前兆?症状・原因と正しい改善・治療法