1. TOP
  2. スポーツトレーナーが教える腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは?

スポーツトレーナーが教える腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは?

 2016/07/16 治療法
この記事は約 5 分で読めます。

辛い腰痛に加えて、腰から足までにかけてしびれや電気が走るような鋭い痛みに悩まされるのが腰椎椎間板ヘルニアです。坐骨神経痛の主な原因の1つでもあります。

重症になると手術を行うこともありますが、手術を行わず保存療法を選択し、痛みに対処しながら生活している人も多くいます。

ですがご安心ください。ヘルニアと診断されても、適切な対処をすることで、改善することができるのです。

ヘルニアとうまく付き合っていく方法をカラダの専門家であるスポーツトレーナーが解説します。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニア

出典:kobayakawa-seikei.com

「ヘルニア」とは飛び出した状態のことをいいます。腰椎椎間板ヘルニアというのは「腰部の椎間板が飛び出した状態」という意味です。

背骨は1本の骨ではなく、椎体というブロックのような骨の積み重なりでできています。椎体と椎体の間には椎間板というクッションがあり、椎体にかかる負担を和らげているのです。

この椎間板が飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアです。加齢によって椎体が飛び出す事もありますし、ケガが原因で飛び出す事もあります。

飛び出した椎間板が脊柱を通る神経を圧迫することで起こる「坐骨神経痛」が、腰椎椎間板ヘルニアの特徴的な症状です。

腰椎椎間板ヘルニアになったら行うべき対処法

腰が痛い男性

ヘルニアになると、激しい痛みと足のしびれや痛みが発生することがほとんどです。痛みがある場合には、椎間板周辺が炎症を起こしていると考えられるので、まずは冷やして安静にしてください。動かさないことが重要です。

2日~3日すると、激しい痛みは軽減してきます。そうしたら冷やすのをやめて、動けるようならコルセットでサポートしながら動いても大丈夫です。

炎症が治まり鋭い痛みが軽減しても、飛び出た椎間板が神経を圧迫していると、ダルさやしびれが残ります。どの部分にしびれが出るかは、神経の圧迫具合によりますが、ヘルニアがあっても神経を圧迫していないと症状が出ないこともあります。

個人での診断は難しいので、炎症症状がとれたら医療機関に受診するのが良いでしょう。何か月も痛みが続くなどの酷い場合には手術となることもありますが、保存療法となった場合には、セルフケアが重要になってきます。

痛みやダルさを軽減させる効果的なセルフケア

簡単なストレッチ

腰椎椎間板ヘルニアの症状は腰痛と脚のしびれやだるさです。

脚に症状が出ていても、原因となっているのは腰なので脚を揉んだり摩ったりしても症状は改善しません。腰の筋肉の緊張緩和と、腰部への負担を軽減させるのがポイントです。

セルフケア マッサージ

腰部と臀部の筋肉の緊張を緩和させるために、腰から下半身にかけて温めたりマッサージを行うと効果的です。

マッサージを行うのは、腰と臀部が中心で、一人で行う場合には、横向きになり片側ずつ腰から臀部を揉み解すと良いでしょう。

腰の痛みやダルさが強い時には腰を重点的に行うと症状が緩和します。

場所は、左右の腸骨(腰骨)の一番上を結んだ辺りが効果的な方が多いです。

脚のしびれが強くだるい時には、臀部をじっくりほぐすと脚が軽くなります。

特に、坐骨神経の通り道である臀部のど真ん中あたりのくぼみをほぐすことで、脚がスッと楽になります。

痛い方が効いている気がする!という方も多いですが、痛いと筋肉が緊張してしまうので、強い力でグイグイ行うよりも、優しくじっくり行う方が筋肉の緊張がほぐれて良いですよ。

セルフケア 腹筋運動

椎間板にかかる負担を軽減させるためには姿勢を改善することが重要で、そのためには腹筋運動が必要不可欠です。腹筋を鍛えることで、コルセットを締めているのと同じ状態を保つことができるので、腰が楽になります。

ここでは簡単にできる腹筋の方法を紹介いたします。

腹筋

STEP1

仰向けになって膝を曲げます。

手は胸の前で組んで、上体を起こしていきます。

最初は完全にカラダを起きあげることが出来なくても良いです。肩甲骨が床から離れるくらいまで上げられるようにしましょう。

この時、腹筋に力が入るように意識することで効率よく腹筋を鍛えることができます。

STEP2

できるところまで上体を上げたら、ゆっくりと戻し、動作を繰り返します。

STEP3

5回~10回を3セット行いましょう。

ただし、痛みがある時には運動を中止し休むようにしましょう。

まとめ

teach

腰椎椎間板ヘルニアは治らないと不安に感じる人も多いですが、軽症であれば自然に痛みやしびれが取れていきますし、セルフケアを十分に行えば必ずしも手術を必要とすることもありません。

ただし、セルフケアを行う前に、炎症が治まってから必ず医療機関を受診してください。

痛みやしびれの原因が腰椎椎間板ヘルニアではない場合には、紹介している方法では不適切なこともありますので注意してください。

 

(関連記事)

椎間板ヘルニアの症状とは?悪化すると運動障害や排尿・排便障害も…

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛で足が痺れたり痛い時の対処法とは?

サプリメントは効果あるの?30代女性の体験談

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 脊柱管狭窄症の手術!痛み、費用、保険適用、日数について

  • 気持ちよすぎる?腰・背中のコリ固まった筋肉を和らげる自動整体とは

  • 薬・手術は不要!坐骨神経痛は生活習慣を変え、根本原因から改善!

  • 坐骨神経痛 接骨院の三大治療法|マッサージ、温熱療法、電気療法

  • 高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症の椎弓切除術、脊椎固定術について

  • 坐骨神経痛におけるヨガ、ストレッチのやり方、効果、注意点とは?