1. TOP
  2. 坐骨神経痛対策 ストレス発散にもいいウォーキングのポイントとは?

坐骨神経痛対策 ストレス発散にもいいウォーキングのポイントとは?

 2015/11/27 治療法
この記事は約 5 分で読めます。

坐骨神経痛からくる痛みを軽くするために、運動は欠かせません。そんな時にウォーキングはおすすめです。

しかし、坐骨神経痛になった方のなかには、「腰や膝が痛いんだから、安静にしていなきゃいけない」というイメージを持っている人もいるようです。でも、そんなことはありません。

正しい歩き方を身につけ、適度なウォーキングをするだけで、腰や足の筋肉がつきます。そうすると、坐骨神経痛の患部になりがちな脊柱を支える筋肉もつき、痛みがやわらぐのです。

ウォーキングは、坐骨神経痛の治療に適している!

ウォーキングで坐骨神経痛を改善

ウォーキングは、なぜ坐骨神経痛に効果があるとされているのでしょうか。

まず、ウォーキングをすることで血液の巡りを良くなり、筋肉や関節のこわばりをとれます。

すると、痛みもだんだん軽くなってくるのです。定期的にこつこつウォーキングをすることで、健康体に近付くことができるでしょう。

いい姿勢をとるための筋肉をつけるためにも、ウォーキングは欠かせません。

また、坐骨神経痛は高齢者の方に多く出やすい症状でもあります。そういう方は、アンチエイジング効果も期待できます。歩きにくい方は、杖をつきながらでも構いません。

そして、ウォーキングはストレス発散にも役立ちます。

坐骨神経痛になると、痛みのせいで気分も沈みがちになります。イライラすることも増えるかもしれません。しかし、外出することで気分転換にもなりますし、外の景色を眺めながらウォーキングをすると楽しい気持ちになれることでしょう。

お友達や家族と誘い合ってやるのもおすすめです。

坐骨神経痛のためにウォーキングを始めよう!

ウォーキングは、漫然と歩けばいいというわけではないのです。

坐骨神経痛に優しい歩き方をして、腰に負担をかけないようにしましょう。

まず、胸や腰はそらさないこと。

そして、おへその下の部分にある「丹田」というツボを意識して、軽く下腹部に力を入れます。お腹をひっこめるようなイメージです。

歩きだしたら、顔から前へ進むようなイメージで歩きましょう。この時に、あごはひいておくのがコツです。

両腕はしっかり振るようにします。特に後ろに腕を振るのを意識すると、自然と体が前に進みやすくなります。

膝は曲げすぎず、まっすぐ伸ばすようにします。足の親指が最後に地面から離れるようなイメージで、軽く押し切るように歩みましょう。

腰はフラフラ動かさないこと。できるだけ左右にふれないよう、意識した姿勢を心がけましょう。

ウォーキングは、定期的に続けることが大事

坐骨神経痛はウォーキングで治す!

坐骨神経痛の痛みを和らげるためにウォーキングをするならば、大事なのはとばしすぎないことです。

初日からはりきって長時間歩き続けてしまうと、その日の夜や翌日に疲労がたまってしまい、痛みが強くなることがあります。それよりも、自分のペースでやりましょう。10分でもいいから、歩く習慣を身につけましょう。

もちろん、無理は禁物です。天候が悪い日や体調を崩している日などは、無理に外に出ず、体を休める日だと思うようにしましょう。

坐骨神経痛のためのウォーキング、どんな靴を選ぶべき?

ウォーキングシューズ

ウォーキングに欠かせないのは、専用の靴です。

できるだけ足にも腰にも優しい靴を選びましょう。

歩きにくい靴やサイズが合っていない靴を我慢して履いてはいけません。そういった靴は、足に負担がかかります。坐骨神経痛以外の痛みの原因になるかもしれません。

基本的にはひもの靴がおすすめです。足の甲に固定できる靴が望ましいでしょう。

まず、しっかりチェックしたいのはかかと部分です。かかとを包み込む部分がちゃんとした造りの靴を選びましょう。

また、つま先が地面から数センチ持ち上がっている「トゥ・スプリング」というタイプの靴を選ぶのがおすすめです。さらに、靴を履いた時につま先に動かす余裕があるほうが歩きやすいでしょう。

ちなみにスニーカーを選ぶ場合には、硬すぎる素材のものはおすすめできません。

靴底を曲げてみて、指の付け根がくるあたりの部分が曲がりやすいスニーカーを選ぶべきです。

どれを選んだらいいのかわからない方は、スポーツショップで店員に聞きながら選ぶのが安心です。靴を選ぶ専門家「シュー・フィッター」のいるショップを選べばより確実でしょう。

まとめ

坐骨神経痛の痛みに負けない体を作るために、ウォーキングはとてもおすすめです。

足や腰の筋肉を強化することで、坐骨神経痛の痛みも軽くなるはずです。

ただし、人によってはウォーキングをして痛みが強くなってしまったという人もいます。

そういう方は、まだ時期が早いのかもしれません。自分に合った運動を見つけて、こつこつ続けることが大事です。

ウォーキング以外にも、腰痛体操やストレッチ、ヨガなども組み合わせて関節や筋肉を伸ばす機会も作りましょう。

(関連記事)

接骨院の三大治療法|マッサージ、温熱療法、電気療法について

整体院で体のズレや歪みを矯正し、根本改善を目指そう

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛にオススメ!無理をしないヨガ7つのポーズ

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • スポーツトレーナーが教える辛い腰痛の簡単なセルフケア・対処法とは?

  • 手術せずに坐骨神経痛・ヘルニアを完治させる為の温存療法とは?

  • 坐骨神経痛・腰痛のストレッチ|おしりや股関節の硬さをとり、健康体へ!

  • 坐骨神経痛はまず整形外科へ!病院での3つの治療法と三大内服薬

  • 脊柱管狭窄症の手術!痛み、費用、保険適用、日数について

  • 椎間板ヘルニア・坐骨神経痛で足が痺れたり痛い時の対処法とは?