1. TOP
  2. 美容だけではない!コラーゲンと坐骨神経痛との関係について

美容だけではない!コラーゲンと坐骨神経痛との関係について

 2015/12/18 サプリメント
この記事は約 4 分で読めます。

みなさんは、「コラーゲン」と聞いて何を思い出しますか?やはり一番は美容成分だと思います。

保湿効果が高いので、コラーゲン入りの化粧品を購入したり、プルプルのお肌を手に入れるためにコラーゲン入りのドリンクを飲んだりという女性も多いことでしょう。

実はこのコラーゲン、坐骨神経痛とも関連があるそうです。

痛みそのものに効果があるというよりは、加齢による坐骨神経痛のメカニズムに関係しています。

今回は、その坐骨神経痛とコラーゲンとの関連性とコラーゲンの効果的な摂取方法はあるのか、コラーゲン摂取で坐骨神経痛が緩和されるのかについて紹介します。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、臀部から太ももの後ろ側、ふくらはぎに至る放散痛をさします。これは、仙骨のあたりからふくらはぎにかけて坐骨神経が存在しているため、その坐骨神経の刺激を受けて感じる痛みが坐骨神経痛というわけです。

一見、病名のように思えますが実は症状を表すことばです。原因病名はまた別にあり、その多くは、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによるものとされています。

坐骨神経痛を治すには、この原因疾患に対するアプローチが大切です。脊柱管狭窄症も椎間板ヘルニアも老化と関係しています。この老化こそコラーゲンと密接な関係にあるといえます。

どうしてコラーゲンが関係しているの?

コラーゲンが関与している理由は前出のように老化です。もう少し詳しくみていきましょう。

椎骨、椎間板、椎間関節、背骨を支える筋肉などが腰の構成要素です。このうち、椎間板はちょうど車のタイヤのような形をしています。タイヤのゴムに相当する部分が線維輪とよばれるものです。

この線維輪はコラーゲン線維の束でできてきます。そしてタイヤの中の空気に相当するものが髄核です。髄核の基質はⅡ型コラーゲンから出来ています。

コラーゲンには水分保持の働きがあります。老化によりコラーゲンの機能は失われ、水分がなくなり、椎間板のもつ弾力性が失われます。弾力を失い、椎間板自身が薄っぺらな状況になると病気を引き起こすのです。老化は軟骨でも起こります。

医療機関で処方されている薬

お医者さん

コラーゲンが失われているのなら、コラーゲンを処方すればいいと思いますが、実際に骨を作ることに関して医療機関で処方されているものにコラーゲンはありません。乳酸カルシウムやリン酸水素カルシウムのようなカルシウム製剤、ビタミンKやビタミンDといったものが処方されています。

その他処方される薬は痛みに対する痛み止めなどの対処療法的な薬、プロスタグランジン、ビタミンBといった循環改善剤などが処方されています。

コラーゲン摂取は効果があるのか

効果・効能

コラーゲン摂取は今のところ効果があるともないともいえないのが現状です。コラーゲンはグルコサミンなどと一緒に摂ると効果的だとする研究者もいます。

しかし、医療機関で処方されていないという点が現実といえるでしょう。コラーゲンの経口摂取を行って、そのままの形で体内に蓄積されるとは限りません。消化や分解によって別の物質になることだって考えられるのです。

健康食品の安全性や有効性を示す資料にも信頼できる十分なデータがないと報告されています。

まとめ

いかがでしたか?老化というシステムにコラーゲンが関与していることは確かです。しかし、摂取となるとまた話が別です。

コラーゲンを含む食べ物は豚足、牛スジ、手羽先など高カロリーのものが多いです。サプリで摂取するにしてもコラーゲンとして体内に蓄積されるかどうかわかりません。

栄養過多にならないよう、あまりコラーゲンを意識しすぎないのが一番のようです。

 

■薬・漢方・サプリメント関連のページ

坐骨神経痛の飲み薬・塗り薬、消炎鎮痛薬・筋緊張弛緩薬・血管拡張薬について

漢方薬|桃核承気湯・疎経活血湯・桂枝茯苓丸・芍甘黄辛附湯・当帰芍薬散について

坐骨神経痛を改善する「湿布」の正しい使い方・間違った使い方

疼痛のCMで話題の薬、リリカカプセルその効果・効能、副作用は?

坐骨神経痛にサプリメントは効果的?グルコサミンってどんなもの?

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 坐骨神経痛にサプリメントは効果的?グルコサミンってどんなもの?

  • 坐骨神経痛の症状に、コンドロイチンのサプリメントは効果はある?

  • 【コンドロイチンのサプリメント】腰痛・神経痛・関節痛にも効果的?

  • 硫酸グルコサミン、塩酸グルコサミン、Nアセチルグルコサミンの解説

  • 坐骨神経痛・ヘルニアにサプリメントは効果あるの?30代女性の体験談

  • 関節痛・神経痛でお悩みなら?北国の恵みで健康的な体を取り戻そう!