1. TOP
  2. 坐骨神経痛でお悩みの妊婦さん必見!妊娠時の辛い足腰の症状の対処法

坐骨神経痛でお悩みの妊婦さん必見!妊娠時の辛い足腰の症状の対処法

 2016/08/06 妊婦・妊娠中
この記事は約 4 分で読めます。

「腰から足が異常に痺れる」「強い痛みがある」という妊婦さんは、もしかしたら坐骨神経痛かもしれません。

女性は妊娠すると、急激に体が変化していきます。その変化に伴い、骨盤がズレてしまい、坐骨神経に負担がかかって痛みや痺れが発生することがあるのです。

ただし、妊婦さんでもちゃんとケアをしていけば、その痛みは軽減。もしくは完全になくすことができます。

痛みを感じたら、我慢せずに病院に足を運びましょう。放置していてもよくなることはありませんので、一刻も早くケアを始めましょう。

妊婦と坐骨神経痛の関係とは?

腰痛と妊婦さん

妊娠すると、大きくなるお腹の影響で今まで以上に腰に負担がかかります。そのせいで腰痛になる妊婦さんは多いですが、それだけではありません。出産の準備をするために骨盤が徐々に開いていき、骨や筋肉にズレが生じることがあります。そのせいで、坐骨神経が圧迫されてしまうことがあるのです。

しかも、妊娠中は筋肉の使い方や体の動かし方も変わりますので、余計に痛みが強くなる傾向にあります。お腹のなかの子が大きくなればなるほど、痛みが強くなるでしょう。

なお、酷い坐骨神経痛を患っている妊婦さんは、その痛みから出産でいきめなくなる可能性も高いのです。最悪の場合、帝王切開になることもあると言われています。

妊婦の坐骨神経痛への対処法

妊婦さんが坐骨神経痛になった時には、どうすればいいのでしょうか?その場合、以下のような対処法が考えられます。

腰痛ベルトを使用する

腰痛ベルト・コルセット

妊婦専用の腰痛ベルトを利用すると腰が固定され、痛みが和らぐと言われています。もともと腰痛持ちの人は、ぜひ使っておきましょう。坐骨神経痛になるのを事前に防ぐことができます。「トコちゃんベルト」というグッズが特に有名です。それ以外にも、マタニティガードルや妊婦帯でもケアをすることができるでしょう。

血行を良くする

血行を良くする女性

妊婦さんも血行が悪くなりがちですが、入浴などで下半身を温めると、坐骨神経痛は軽減すると言われています。足湯だけでも効果がありますよ!

リラックスする

リラックスする女性

ストレスがたまったり、多忙な日々を送ったりしていると体にも負担がかかります。疲れを感じたら、ゆっくり体を休めるようにしましょう。

ツボ刺激、鍼灸

ツボ押し・鍼灸

自分で坐骨神経痛をケアしたい人は、ツボを刺激するのもおすすめです。腰や足などのツボは自分でも刺激できますが、妊婦さんは自分でやるのが難しいでしょう。また、妊婦さんは体を大事にするためにも、専門の鍼灸院を訪れて治療してもらうことをおすすめします。

ストレッチをする

坐骨神経痛ストレッチ

筋肉がこわばると、坐骨神経痛はどんどんひどくなります。大きいお腹で運動するのは難しいかもしれませんが、軽いストレッチなどをして筋肉を動かすようにすると、血行が良くなり、坐骨神経痛が軽減することがあります。ただし、こちらも自己流でやるのは原因。医師に相談してから始めましょう。

水中ウォーキングなども、もともとスイミングが好きな人にはおすすめです。できる範囲で体を動かすと、ストレス発散にもなります。

妊娠初期・中期・臨月の坐骨神経痛ケア

妊娠中の坐骨神経痛ケア

坐骨神経痛になる妊婦さんは、妊娠後期に発症する人が多いとされています。とはいえ、妊娠初期から坐骨神経痛に悩まされる人もゼロではありません。

坐骨神経痛のケアは、妊娠初期でも後期でも変化はありません。それより個人差がありますので、症状や痛みの強さに合わせてケアをする事が大事になります。

整体院や鍼灸院を利用して、プロの手を借りながらケアをするのもおすすめです。

坐骨神経痛の出産後のケア

出産後のケア

坐骨神経痛に悩まされている妊婦さんも、出産してから12ヵ月ほどすると、骨盤が元の位置に戻り、体のズレも修正されるので、坐骨神経痛が収まるケースが多いとされています。

しかし、出産してもなかなかその痛みが引かない、痺れがひどいという場合には、引き続きかかりつけの医師に診てもらうか、整体院で相談してみましょう。なお、医院を変える場合には、どういう症状で、いつから痛みに悩んでいるのかをちゃんと説明しましょう。

まとめ

坐骨神経痛ナビ

妊娠中に体の変化に伴い、坐骨神経痛を発症する人は少なくありません。

しかし、適切な処置やケアをすればその痛みや痺れは必ず軽減します。だからこそ、自己流のケアは控え、必ず専門家の意見を仰ぐようにしましょう。

また、出産後には坐骨神経痛が全快した女性も多いと言われてはいますが、痛みが引かない人は治療を引き続き続けましょう。

 

(関連記事)

体験談 女性編|腰の三大トラブル、腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛

猫背の方必見!矯正ベルトやサポーターで正しい姿勢になろう

坐骨神経痛でお悩みの妊婦さん必見!妊娠時の辛い足腰の症状の対処法

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 体験談 女性編|腰の三大トラブル、腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛

  • 出産経験ありのママさんトレーナーが教える、妊娠中の腰痛対策とは?

  • 妊娠中の女性・妊婦さんの坐骨神経痛への対処法について