1. TOP
  2. 坐骨神経痛の治療・改善・予防法ついて

坐骨神経痛の治療・改善・予防法ついて

「ビキッとくる激痛やビリビリしびれる痛み、、」

「足腰が痛くて痛くて。毎日がしんどいんです…。」

こういった坐骨神経痛の症状でお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。

調べてみると、現在の日本には約1,300万人も腰痛や坐骨神経痛でお悩みの方がいると言われています。

そして、ここ20年ほどの間に坐骨神経痛の患者数は急増しているとのこと。

とくにこの数年間で、以前よりも20パーセントほど増えているのです。

この坐骨神経痛について、今回は治療、改善、予防法などについて、分かりやすく解説していこうと思います。

治療・改善法

治療

坐骨神経痛の症状を改善するためには、運動で腰付近の筋肉を鍛えたり、ストレッチをしたり、マッサージで代謝をよくして治す方法があります。

自宅で出来る簡単なストレッチをしたり歩いたりして、筋肉をほぐすような運動をすると良いでしょう。

痛みがひどい時には、無理をして動かさないほうがいいようですが、痛みが引いてきたら少しづつ動かすようにしたほうが、治りは早くなります。

病院・クリニック

病院

もちろん早期治療が好ましいので症状が出たら、整形外科を受診することをお勧めします。

治療方法としては、

 

・血流を改善させて体を動かすための機能回復を図る物理療法

・症状に合わせてコルセットを装着する装具療法

・体操やストレッチなどで筋肉や靭帯の硬さを和らげ、症状を軽減させる運動療法

・その他には薬物療法

 

もあります。

症状が進み排尿や排便に支障をきたしたり、歩行困難など上記の治療で改善が見られない場合は手術も行われます。

治療院(接骨院、整骨院、鍼灸院など)

治療院

整形外科などでレントゲンを撮っても、骨には異常がない場合もあります。

これは「ぎっくり腰」などもそうで、骨には異常はないのに激痛に襲われます。

これらの悩みに対して、民間の治療院は痛みの改善に丁寧に施術をしてくれます。

慢性腰痛はコンスタントに通院する事で徐々に改善がみられます。

整骨院、鍼灸院など治療院によっては保険が適用になるところもありますので、事前に確認してみるといいでしょう。

これらの治療院では専門の治療科が症状に合わせて治療を進めていきます。

鍼灸治療の場合は長年悩みだった腰痛・肩こりの症状などが数回の施術で改善されてしまうケースもあるようです。

ですが、鍼灸師の腕による部分も大きいという話もありますので、数回通ってみて改善されない場合は他の治療院へ切り替えることも大事かもしれませんね。

これは鍼灸院だけではなく、接骨院、整体、カイロにも同じことがいえると思います。

暖かくしよう

 4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_s

寒い時期は痛みが悪化する場合が多いようなので、なるべく体を冷やさないようにするのも大切です。

冷たい食べ物や飲み物をたくさん食べないようにしましょう。

逆に、暖かい食べ物やホットドリンクを摂取すると、血液の流れも良くなり足腰の症状も徐々によくなってくるそうです。

特に日本人なら、味噌汁を飲むといいそうです。

冷蔵庫の中にある冷たいものを飲む習慣がついている方は、ぜひ一度暖かい飲み物を飲むように心がけてみてください。

また、今は保温機能が優れているマグカップや水筒もたくさんありますので、そういったものを使ってみるのも良いでしょう。

お風呂・入浴法

温泉入浴

また、お風呂に入るときはシャワーを浴びるだけではなく、きちんとお湯に浸かって体を温めることも大事ですね。

半身浴が良いという話もよく聞きますが、どうでしょう?

調べてみたところ、半身浴は体への負担が少なく、体を芯から温め、汗をたくさんかくことで新陳代謝を促す効果もあるようです。足腰の改善を目指すのもそうですが、健康のためにもはじめてみてはいかがでしょうか。

そして、たまには近所の銭湯などに行かれてみるのもいい良いでしょう。最近は首都圏にもスーパー銭湯もたくさんできてきました。天然温泉に入ることも体に良いですし、サウナに入ったり、水風呂に入ることで自律神経も整い、心身共に健康になれるでしょう。

時間を見つけてぜひ定期的に通ってみてはいかがでしょうか?

予防法、秘訣は正しい姿勢

正しい座り方

出典:ノウハウコレクター.jp

坐骨神経は、脚全体に広がっている太くて長いしっかりした神経なので、神経の根元の腰がやられると下半身全体に影響があります。

予防法の一つが、正しい姿勢を心がけ、背骨に無理な負荷をかけないことです。

イスに座るとき姿勢が悪い方は、なるべく腰に負担のかからない座り方を身に着けることをオススメします。

また、デスクワーク作業が多い方でも、1時間に1度は立ち上がり、5分程度歩くことで1時間座った分の負担を解消するそうです。

ずっと座りっぱなしの方は、意識して、一時間に1度はトイレに行ったり、ストレッチや深呼吸をする時間にして、気分転換するのもいいですね。

そして、パソコン画面(モニター)を目の高さに調節することも大事です。ずっと首を下にした状態で作業をしていると、やはり首に負担がかかりますし、首こり・肩こり、そして腰にまで影響がでてくるようです。

雑誌や小さな段ボールなどでも構いませんので、モニターを目の高さにくるように調節してみましょう。

寝方姿勢

出典:http://youtsu-hernia.info/

そして、身体に合わないベットや布団で寝るのもよくないです。

自分の身体に合わないベッドや布団を使っていると、腰骨がずれた状態で長時間過ごすことになるので、腰痛や坐骨神経痛になりやすいでしょう。

運動は汗をかくこと大事

坐骨神経痛の症状を根本的に改善するためには、運動することも大事です。

「ウォーキングやジョギングがいい」

「ジム(フィットネスクラブ)やヨガスクールに通うといい」

「テニスやサッカーなど何かスポーツをするといい」

などいろいろな話を聞いたことがあるかもしれませんが、やはり「楽しく続けられること」が大事だと思います。

ウォーキングが効果的だからと言って、月に1~2回しかやらないのであれば、友人と一緒に週2回ヨガスクールに通ったほうが良いでしょう。

そして大事なポイントは、「程よく汗をかくこと」です。ウォーキングやジョギング、各種スポーツでも同じなのですが、ほどよく汗をかいてきたら運動をしているということになります。

ですので、テレビを見ながらダラダラとストレッチ体操をしていて汗をかいていないようであれば、それは運動ではないと思ったほうがいいですね。

まずは、週に1回からでも良いのでほどよい汗をかくことのできる運動をはじめましょう。

様々な治療法 動画解説

■ブロック注射と整体の相乗効果について

 

坐骨神経痛の手術 本当に治るの?再発しないの?

整体師の先生の解説です。

続けて下記のページもチェック!

【坐骨神経痛の基礎知識】

坐骨神経痛を自分で治す!ストレッチ・ツボ押し・マッサージのやり方とは?

坐骨神経痛の改善に持っておきたいおすすめケアグッズ

坐骨神経痛の治療に使う薬、漢方、サプリメントについて

坐骨神経痛とはどんな症状?

 

オススメの殿堂入り記事一覧はこちら

Sponsord Links

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

Sponsord Links