1. TOP
  2. 【趣味=筋トレの方必見】30代男性による腰痛&ぎっくり腰の体験談

【趣味=筋トレの方必見】30代男性による腰痛&ぎっくり腰の体験談

 2017/12/07 体験談
この記事は約 7 分で読めます。

これまで縁のなかった腰の痛みに突然襲われ、悪化の一途をたどる腰痛。繰り返すギックリ腰にすっかり気分も萎えて、暗い思いで日々を送っている方はいらっしゃいませんか?

今回ご紹介するジム通いが趣味だった男性も、何度も襲うギックリ腰に悩まされ続けたひとりでした。

もともと体を動かすことが好きだったこともあり、治療を受けるかたわら、ご自分でできることをいろいろと試されました。こうした自分でできるケアの数々が痛みから抜け出る大きな力となり、辛かった腰痛も克服。

いったいどのようなケアをしたのか。参考になることも多いかもしれませんので、ぜひご覧ください。

筋トレ中、腰に痛みが走り腰痛が始まった

はじめまして。私は30代の会社員で中村(仮名)と申します。これから私の腰痛体験談をお話させていただきます。

以前ジムで筋トレをしている最中にギックリ腰になりました。それまで腰痛など縁がなかったのですが、以来慢性的な腰痛になり、加えて年に1度くらいギックリ腰を患うようになってしまったのです。

当時の私は筋トレが趣味で、かなり重いダンベルを使っていました。

トレーニングの最中にダンベルを支えきれずに右の腰に激痛が走った時がありました。それまで感じたことのない痛みです。湿布など貼ってみましたが効果はなく、時間の経過と共に痛みが増しました。それが私の腰痛の始まりでした。

1度は治ったのですが、以来、少しでも無理をすると腰に違和感があり、趣味だった筋トレもかなり制限するようになりました。

2度目のギックリ腰は今でも忘れられません。トレーニング中ではなく、靴下を履こうとして激痛が走ったのです。急いでいたので、立ったままの姿勢でした。

それ以来、腰痛に悩まされるようになり、様々な治療をしてきました。

これからお話する治療法が皆様の参考になるのか、私には見当もつきませんが、一つの経験談としてお話させていただきます。

整形外科に行き症状名を知る

最初のギックリ腰では整形外科に行きました。病院では「腰椎捻挫」と診断されました。いわゆるギックリ腰です。治療らしい治療は特になく、貼り薬と塗り薬を処方されました。

同時に腰椎コルセットを装着してもらい、なんとか車で家に帰りました。

1日目は、寝ると起きあがるときが痛くて大変でした。トイレでも、用をたす時お腹に力を入れると腰が痛みました。日常生活の動作も大変に感じられるほどの痛みです。

こうなってからはじめて腰の重要性に気づきました。「腰は要」と言われますが正にその通りで、立っても座っても歩いても腰を使うのです。

ギックリ腰の経験がある方は分かると思いますが、最初にギックリ腰を患った時は「二度となりたくない」と強く思ったものです。そのときは、これが後の慢性的な腰痛の始まりになるとは、想像もしませんでした。

接骨院で施術してもらう

最初のギックリ腰の痛みはひいたものの、腰痛になることが増えていきました。2回目の痛みの症状もあまり日を置かずに現れたのです。

朝の出勤準備で立ったまま靴下を履いたとき、腰に激痛を覚えました。もう2回目でしたからすぐに「やばい!」とわかったのです。

なんとか自力で歩くことは出来たので、近所の整骨院に行きました。整骨院では、フラットな状態での指圧を20分ほど受けました。「揉むと悪化するので指圧が良い」といわれたのです。

そのあと二人の先生に支えられながら腹筋運動と足踏みを行いました。

整骨院の先生からは午前と午後の2回くるように言われました。湿布を貼ってもらって一旦家に帰り、午後にもう1度行って同じルーティンを行いました。

初日は痛みが和らぐことはありませんでしたが、先生からは3日で治ると説明を受けていました。その言葉通り、3日目には日常生活が可能になり、1週間後にはそれまで通りスポーツも出来るまでに回復しました。

マッサージを受ける

2度目のギックリ腰以来、体の動きに気をつけるようになりました。そのおかげか、しばらくは正常な状態が続きましたが、たまに疲れが溜まると腰に鈍痛を感じるときがありました。

そのため定期的にマッサージにも通いはじめました。いわゆるリラクゼーションサロンです。

1時間マッサージしてもらって3,000円くらいなので通いやすかったのですが、問題もありました。マッサージ師さんは、上手い人と下手な人がいるのです。上手い人に当たらないと、腰もかえって悪くなるしストレスも溜まりました。お金も時間も無駄になってしまいます。

また、マッサージに慣れてくると、どんどん強い刺激が欲しくなります。筋肉もだんだんと硬くなってしまいます。

そんな中、個人経営のサロンに行ったところベテランのセラピストさんに出会いました。すると、ピンポイントに適切な施術を受けることができ、かなり楽になりました。

セルフケアの方法なども教えていただいたので、それも参考になりました。姿勢と身体の使い方などもマッサージのたびに指導してもらえたので、どんどん良くなりました。そのおかげで、今ではギックリ腰になることもありません。

痛みが出そうなあやしい時は、そのサロンでお世話になるのですが、回数も随分減ってきました。

腰痛が治り、ジム通いも再開

腰痛から開放されてよかったのは、趣味が自由に楽しめることです。

腰が痛い間は運動も怖くてできませんでした。そのため体重が8キロも増えてしまい不健康そのものでした。腰痛を治してからは、またジム通いを始めました。体重ももとに戻って健康的な生活を送れています。

腰が痛いと長時間のドライブもつらくて旅行もしてなかったのですが、腰が良くなってからは、家族でドライブや旅行に行く回数も増えました。子供が小さいので移動するには車が一番ですから、家族にも喜ばれています。

健康になると私生活も仕事も充実します。腰痛のときはデスクワークもつらくて大変でした。今では腰を気にすることもなく、仕事も捗っています。

再発予防のコツは冷えと姿勢

腰痛を再発させないためには自己管理が大切です。仕事でも筋トレでも無理をしないようにしています。無理をして再発させてしまったら元も子もありません。

なかでも一番気をつけているのは姿勢です。お世話になったセラピストさんの指導に沿って取り組んでいるのですが、とりわけデスクワーク時は「アゴを引く」「椅子に深く腰かける」といった姿勢を強く意識しています。

ほかには、50分に一度は立ち上がってストレッチをするなど、疲れを溜めない工夫をしています。

冷えにも注意するようになりました。以前は、お風呂でシャワーだけのことも多かったのですが、今は湯船に浸かって疲れをとるようにしています。

寝返りを適度に打つためにマットレスも購入しました。高反発マットレスは私には合っていたようで疲れを溜めないことにも役立っています。腰痛でお悩みの方にはこちらもお薦めしたいです。

腰の症状でお悩みなら、早期発見・早期治療を!

急性や慢性の腰痛を改善した私から、体験に基づいたアドバイスがあります。

腰痛は無理をしないことと、早い段階で専門家の治療を受けることが大切です。もちろん相性の良い治療家やセラピストを見つけておくことも重要なポイントです。また、自分でやれることも多いので、動画や本など周りにたくさんある情報を勉強してみるのも良いと思います。

腰痛は悪化しますと、手術が必要になりますし、身体が不自由になる危険性もあります。ほとんどの腰痛は原因が姿勢にあると言われていますので、姿勢に気をつけて仕事やスポーツに取り組みましょう。

疲れが溜まったら治療のプロに診てもらうのがいいと思います。積極的に痛みと向き合い改善していきましょう。

おわりに

中村さん、腰痛の体験談をありがとうございました。

筋トレが趣味でありながら腰痛に悩まされた体験に驚かれた方も多かもしれませんね。強い筋肉の持ち主は腰痛とは無縁だと思いがちですが、ギックリ腰は容赦なく誰にでも起きてくるようです。

突然の腰の痛みに襲われた中村さんは

(1)整形外科で症状の名前を知る

(2)接骨院で施術してもらう

(3)マッサージを受ける

この三つの方法を順次試してギックリ腰から抜け出しました。

とりわけ大きいウエイトを占めているのは(3)のマッサージです。信頼できるセラピストさんから体のケアの仕方も指導してもらえたことが腰痛の改善につながりました。「治療してくれる人との相性が重要」と中村さんが付け加えるのもうなずけます。

腰痛に悩んでいる皆さんも「治療する側」との相性にも着目して、今回ご紹介した3つの方法を取り入れてみてはいかがでしょう。

(関連記事)

急なぎっくり腰の対処法!オススメのストレッチ・ツボ動画7選の紹介

「坐骨神経痛の改善は筋トレがオススメ?」インナーマッスルを鍛えよう!

40代男性 脊椎分離すべり症を克服!Mrストイック流リハビリ運動とは?

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらのページにも多数の体験談がございます。併せてご覧ください。

坐骨神経痛

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。


関連記事

  • 体験談|腰痛、ぎっくり腰は放っておくと坐骨神経痛になってしまう?

  • 子育て中のママさん必見!ヘルニアと上手につきあう5つの方法とは?

  • 50代男性の体験談!梨状筋症候群の手術をした結果、痛みのない体へ

  • デスクワークの方必見!慢性腰痛を簡単な方法で改善させた女性の体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

  • 20代女性の坐骨神経痛体験談!歩き方・食生活の見直しと運動で改善