1. TOP
  2. 慢性的な腰痛の治療は病院の整形外科、接骨院、鍼灸院のどれがいい?

慢性的な腰痛の治療は病院の整形外科、接骨院、鍼灸院のどれがいい?

 2016/04/20 病院・治療院
この記事は約 4 分で読めます。

「このくらいだったら、病院にかかるほどじゃないな…」とついつい、そのままにしてしまいがちなのが腰痛。

湿布を貼って様子を見たり、マッサージにいったりしても楽になるのはそのときだけだとわかっていても、本格的な治療をせずそのままという方も多いのではないでしょうか。

実際、厚生労働省の調査でも腰痛の自覚症状のある方は、男性・女性ともに他の症状に比べて一番多いという結果がでています。

また、腰痛からヘルニアや坐骨神経痛、狭窄症へと発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

ただ、意を決し本格的に診てもらおうと思ったら、一体どこにかかったらいいのでしょう。

他の症状と比べ、腰痛の場合は病院だけでなく、整骨院や鍼灸院など選択肢があるのも悩みの種です。今回は、慢性の腰痛と治療先について考えます。

腰痛の原因にはいろいろある

腰痛

腰痛といってすぐに思い浮かべるのは、ずっと同じ姿勢で仕事をしている、重いものを無理して運んだといった日頃の動作からの疲労かもしれません。

しかし、原因にはいろいろなことが考えられます。腰椎の老化による腰椎椎間板炎や腰部脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニアといった腰部そのものの病気のほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症、膵炎、腎炎など内臓の病気でも腰痛の反応が出ます。

閉塞性動脈硬化症という血管の病気でも腰から下肢にかけてのしびれ感があります。

このように様々な病気が背景に考えられるのです。

整形外科での治療とは?

整形外科

 

どういうところを受診すべきかを考える前に、整形外科と整骨院、鍼灸院の治療の違いについて理解しておきましょう。

整形外科での治療は、西洋医学の考えの下、レントゲン、CTMRIなど検査機器を用い、科学的な根拠のもとで診察が進められます。問診、視診、触診が行われさらにレントゲン写真などの画像を確認し、治療をすすめていきます。

ホットパックや牽引などの物理療法、一般にリハビリといわれる理学療法と内服薬や湿布薬などの投薬を組み合わせて治療をしていきます。

必要があれば手術も可能です。一般的には保険診療という枠組みの中で行われます。

整骨院、鍼灸院での治療とは?

ツボ押し

整骨院、鍼灸院ともどちらも法律上、投薬は認められていません。そのため、薬を使わずに治療を行います。

整骨院は、体の歪みを正すことで、自然治癒力を高めるという考えの下行われます。

鍼灸院は、ツボに鍼を刺したり、灸をすえたりすることで自律神経やリンパに働きかけ、治していくというものです。

整骨院、鍼灸院ともに、電熱器具や超音波器具などの器具が用いられることがあります。

診察料に関しては、一部保険診療が認められていますが、原則的には全額自己負担扱いです。

一体、どうしたらいい?

悩み

前述のように、原因もいろいろ考えられ、治療に対してもそれぞれ特徴があります。

職場の健康診断等で内科系の疾患の疑いのある方、内蔵にも気になる症状がある方は、まず内科へ行き、腰痛の症状があることを伝えるといいでしょう。

ある鍼灸の治療家が「初期判断が非常に重要」と述べています。

医師または治療家が初期判断をきちんと下せるよう、患者として初診時に次のことをしっかり伝えるべきです。

・症状は出来るだけ具体的に話す。(鈍痛、しびれ、激痛など痛みの状態、どの部位)

・いつ、どのような状況で起こるのか。(仕事中?安静時?歩行中?)

・症状に気づいた時期。

・痛みや違和感以外の症状(腰に関係ないものでも)

・既往症、現在かかっている病気

まとめ

坐骨神経痛

いかがでしたか?

一口に「腰痛」といってもなかなか奥深いものです。

整形外科の中には、西洋医学と東洋医学の双方からアプローチしているところもあります。また、整骨院、鍼灸院であっても提携医療機関があり、自分のところではなく病院や診療所での治療が優先される場合、紹介を行うところもあります。

あれこれ考えすぎず、まずは相談してみるのがいいでしょう。その際、前項で述べたようにポイントを抑えて自分の状態を伝えましょう。

どんな症状でも早期発見・早期治療が良い!ということを忘れずに、放っておかずに、なるべく早く専門家に診てもらいましょう。

 

【腰痛、坐骨神経痛・関連ページ】

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛・腰痛のストレッチ|おしりや股関節の硬さをとり、健康体へ!

体験談|腰痛、ぎっくり腰は放っておくと坐骨神経痛になってしまう?

体験談 女性編|腰の三大トラブル、腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 坐骨神経痛 接骨院の三大治療法|マッサージ、温熱療法、電気療法

  • 坐骨神経痛はまず整形外科へ!病院での3つの治療法と三大内服薬

  • 腰のサポーターのCMに出てくるメディカル発想のテーピング理論とは

  • カイロプラクティックの坐骨神経痛治療で背骨の歪みを改善しよう

  • 坐骨神経痛の治療法|整体院で体のズレや歪みを矯正しよう

  • 接骨院、整骨院の電気治療やマッサージは効果ある?個人的な体験談