1. TOP
  2. 坐骨神経痛 接骨院の三大治療法|マッサージ、温熱療法、電気療法

坐骨神経痛 接骨院の三大治療法|マッサージ、温熱療法、電気療法

 2015/03/18 治療法 病院・治療院
この記事は約 5 分で読めます。

坐骨神経痛は、整形外科だけではなく、接骨院でも治療を受けることが可能です。

整形外科に通院した場合には、内服療法やリハビリテーションなどの治療が中心になります。症状がひどい場合には、ブロック療法や手術を受けることになるかもしれません。

病院の場合には薬などを使って治療することもありますが、接骨院では、坐骨神経痛を治療する場合には温熱療法や電気療法、マッサージなどを中心に治療を行っていきます。

接骨院とはどんなところなのか?

接骨院

接骨院はそもそも、リハビリテーションのための施術を行うイメージが強いところでしょう。実際に捻挫や脱臼、肉離れ、腰痛などで接骨院を訪れた経験がある方もたくさんいらっしゃるはずです。

このような症状の患者の関節や筋肉の機能を回復させ、元通りに動くようにするのが接骨院の仕事です。坐骨神経痛も同じように、関節や筋肉を治療しながら痛みの改善を目指していきます。

ちなみに、坐骨神経痛の治療で病院を訪れた場合に、手術を勧められることもあります。

もちろん、症状がとても重いため、一刻も早く手術をしたほうがいいというケースもあるかもしれません。ですが、「手術は怖いからどうしても嫌だ」という方もいますし、アレルギーや持病の関係で手術が受けられないという方もいらっしゃいます。

そういう方には、接骨院での治療がおすすめです。

接骨院で受けられる治療法① 「マッサージ療法」

ヘルニア治療

接骨院で治療を受ける場合、軽度の坐骨神経痛ならば、まずは体の歪みやズレを矯正するところからスタートします。

坐骨神経痛になってしまっている人は、姿勢が悪かったり体がゆがんでしまったりしているもの。まずは、それを矯正するところから治療が始まります。

こわばった筋肉をあたためるには、マッサージも効果的です。痛みのある部分を優しく揉みほぐしてもらうだけでも体にいいですが、坐骨神経痛にも効果があります。

ただし、坐骨神経痛に限らず、治療としてマッサージを行うには国家資格が必要になります。「あん摩マッサージ指圧師」という資格を持っていない人は、接骨院で治療を施すことができません。無資格の人から施術されると痛みが悪化する可能性もありますので、免許を持っている人からマッサージを受けるようにしましょう。

ただし、人によっては正しい治療を受けても「余計に筋肉がこわばってしまった」「痛みが強くなった」という方もいます。これはマッサージが体質的に合わないというケースが考えられます。

どちらにせよ、療法が合わないと思ったらその場で中止しましょう。

治療中に強い痛みを感じたならば我慢してはいけません。

接骨院で受けられる治療法② 「温熱療法」

坐骨神経痛の温熱療法

出典:ooue-seikotsu.hp4u.jp

病院でも受けることができる「温熱療法」は、接骨院でも受けられます。

患部にホットパック(温湿布)を乗せて血の巡りを良くさせ、こった筋肉をほぐして痛みをやわらげます。温湿布以外にも、超音波やマイクロ波、赤外線を患部に当てることもあります。

この療法は、自宅でも実践することができます。入浴時に、あたたかな湯にゆったりとつかることで、腰の痛みが改善できるはずです。また、ホッカイロで患部をあたためると痛みがゆるんで気持ちがいいという話もあります。

実はどちらも自宅でできる温熱療法なのです。体が冷える季節などには、自宅でこういう療法を行うことで痛みを和らげることもできるのです。

接骨院で受けられる治療法③ 「電気療法」

坐骨神経痛の電気療法

出典:s-medical.net

電気を使った療法で有名なのは、低周波電気刺激でしょう。

患部に非常に弱い電流を流して、神経を刺激します。痛みの原因となっている神経を刺激することで、痛みがやわらぐとされています。血行も良くなりますし、代謝が良くなったという声もあります。

なお、「電気出の治療法は怖い」「シビレや痛みがありそうで抵抗がある」という方もいるかもしれませんが、現在は技術が進歩しており、痛みをほとんど感じない電気療法も増えています。

どうしても心配な方は、先に医師に相談するようにしてみましょう。

まとめ

接骨院ではマッサージや温熱療法、電気療法などを受けることができますが、一番重視しているのは「姿勢を改善すること」だそうです。

坐骨神経痛の原因となるのは、やはり姿勢の悪さです。姿勢の歪みを矯正して自分の生活を見直すことが、接骨院で受けた療法の効果をよりアップしてくれることでしょう。

ただし、坐骨神経痛の原因が内臓の病気、もしくは子宮筋腫などの婦人科系の病気が原因の場合には、接骨院の治療では良くなりません。

まずは病院に足を運び、原因を特定することが肝心です。

 

■トリガーポイントに関連するページはこちら

ツボ押しやマッサージでも坐骨神経痛の緩和が出来る!6つのポイント

坐骨神経痛のツボ押し 刺激するだけなので楽チン!簡単な治療方法

坐骨神経痛 鍼灸院での治療法|ハリ・お灸治療は効果ある?

【腰痛治療のトリガーポイント】痛みやコリ、しびれとの関係とは?

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 坐骨神経痛対策 ストレス発散にもいいウォーキングのポイントとは?

  • 坐骨神経痛の治療法|整体院で体のズレや歪みを矯正しよう

  • 坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の方必見!負担の少ない優しいストレッチ

  • 急なぎっくり腰の対処法!オススメのストレッチ・ツボ動画7選の紹介

  • 梨状筋症候群の手術について考える~その選択は正しいの?

  • 腰のサポーターのCMに出てくるメディカル発想のテーピング理論とは