1. TOP
  2. 坐骨神経痛のセルフチェック 10ポイントと3つの意外な症状とは?

坐骨神経痛のセルフチェック 10ポイントと3つの意外な症状とは?

 2016/08/13 セルフチェック
この記事は約 4 分で読めます。

「腰にビキッと激痛が走る。ビリビリ脚が痺れる。」

「これって、坐骨神経痛の症状?」

そう悩んでいる時にはまずはセルフチェックしてみましょう。

坐骨神経痛にかかると、想像以上にいろいろな症状が出てきます。人によっては、吐き気を訴えたり、むくみに悩まされたりすることも出てきます。

これらの症状に当てはまる項目が多ければ多いほど、坐骨神経痛の可能性も高いと考えていいでしょう。

病院にかかるのが怖い・忙しくてなかなか行けないという人も、セルフチェックを参考にしながら、自分の症状を見つめ直してください。

坐骨神経痛セルフチェック10項目

坐骨神経痛セルフチェック

もしかして坐骨神経痛ではないか?とお悩みならば、まずは自分でチェックしてみましょう。

  1. ①腰からお尻にかけて、もしくは足に痛みがある
  2. ②腰からお尻、太ももなどに痺れがある
  3. ③体を動かせば動かすほど、痛みや痺れが強くなる
  4. ④下半身に、理由もなく締めつけられる感覚やひきつりなどがある
  5. ⑤下半身が異様に冷えて感じられる、もしくは火照って感じられる
  6. ⑥足の裏に強い痛みがある、足の裏の皮膚が異様に厚く感じられる
  7. ⑦下半身に脱力感があり、うまく歩けない。もしくはよく躓くことがある
  8. ⑧歩行中に、痛みは痺れが強まる。いったん休めば回復するが、歩き始めるとまた歩きにくくなる
  9. ⑨右足と左足に違いがあるように感じられる
  10. ⑩会陰のまわりがマヒしているような感覚があり、歩行中に漏らしてしまうことがある

こういう症状がある人は、坐骨神経痛の可能性が高いです。

ここからは、「痛み」「痺れ」以外の、坐骨神経痛の気になる諸症状についてご説明しましょう。

坐骨神経痛の意外な症状①「吐き気」

坐骨神経痛と吐き気

坐骨神経痛の症状が悪化すると、吐き気が起こることがあります。これはいろいろな理由が考えられますが、多くの人は便秘のせいで吐き気を催しているそうです。坐骨神経痛になると、いきみにくくなり、便秘になる人も増えます。その便秘のせいで下腹部がパンパンになってしまい、腰痛と吐き気がひどくなってしまうのです。今までに便秘なんてしたことはなかった人も、何日も便通がなくなることがざらになります。その腹痛のせいで腹部が圧迫され、吐き気が起きてしまうのです。腰痛と吐き気が同時に起きている人は、もしかしたら坐骨神経痛かもしれません。

食生活を改善するなどして、便秘を改善する工夫をしてみましょう。

坐骨神経痛の意外な症状②「むくみ」

坐骨神経痛と足のむくみ

坐骨神経痛によっては、むくみを併発することがあります。力仕事をすることが多い人・重い荷物を持ち上げる機会が多い人が坐骨神経痛を患うと、筋肉がうまく機能しなくなることがあるからです。そうなりますと、どんどん筋肉がこわばっていき、坐骨神経を圧迫して、痛みや痺れが発生します。さらに、今まで筋肉に圧迫されていた血管から水分が出てきて、体もむくむようになってしまうのです。

むくみを改善したいならまずはゆっくり休んで、疲れをとることが大事です。また、着圧ソックスを履くとむくみが改善しやすくなるという意見もありますので、坐骨神経痛とむくみの併発に悩んでいる人は試してみる価値はあるでしょう。

坐骨神経痛の意外な症状③「こむら返り」

坐骨神経痛とこむら返り

腰やお尻、さらに足の付け根部分の血流が悪いと、足をつりやすくなります。坐骨神経痛の方も例外ではありません。そのため、腰や足に強い痛みを感じながら、足にこむら返りが起きてしまう人も多いのです。

この対策法は、「血行を良くする」「下半身を冷やさないようにする」「鍼灸の治療を受ける」ことで改善するとされています。

まとめ

スポーツインストラクター

もしも下半身に痛みや痺れを感じ、それがなかなか改善しないと思ったら、速やかに病院に足を運びましょう。

坐骨神経痛は自然に治癒することはありません。適切な治療を受けることこそ、健康体に戻る近道です。

ちなみに、病院では何科で受診すべきなのかわからないという方は、整形外科に足を運んでください。整形外科で異常がないとされた場合には、脳神経外科やペインクリニックへの受診をおすすめします。

 

(関連記事)

坐骨神経痛はまず整形外科へ!病院での3つの治療法と三大内服薬

椎間板ヘルニアの症状とは?悪化すると運動障害や排尿・排便障害も…

坐骨神経痛にオススメ!無理をしないヨガ7つのポーズ

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 坐骨神経痛と骨盤のズレ 簡単な歪みチェックと骨盤矯正グッズのご紹介