1. TOP
  2. 坐骨神経痛でお悩みの方へ クッションを選ぶ際の5つの注意点とは?

坐骨神経痛でお悩みの方へ クッションを選ぶ際の5つの注意点とは?

 2016/09/24 姿勢・座り方
この記事は約 4 分で読めます。

坐骨神経痛の痛み、しびれがひどい、特に座っている時に腰や膝がズキズキするという患者さんにおすすめなのがクッションです。クッションを使うと、その痛みやシビレが軽減するからです。手軽に購入できて、いろいろ試せるのがその魅力でしょう。

ですが、「坐骨神経痛にいい」とされるクッションは、いろんな種類があります。坐骨神経痛の患者さんはクッションをどうやって選ぶべきなのでしょうか?おすすめの素材や選ぶ時のコツなどをご紹介します。

坐骨神経痛の人がクッションを選ぶ時、気を付けたいこととは?

それでは、坐骨神経痛でお悩みの方にお勧めするクッションの選び方5つのポイントについてお話させていただきます。

①正しい姿勢をキープできる

正しい姿勢をキープ

座っていて猫背になったり、腰が反ってしまったりするのはいいクッションとはいえません。また、クッションが滑って浅くしか腰掛けられないというものも避けます。骨盤がまっすぐ立つようなクッションを選ぶといいかと思います。

②低反発のクッションを選ぶ

Amazonでチェック

坐骨神経痛の方におすすめのクッションは「低反発」のものです。枕やマットレスなどにも使用されており、その効果は有名ですよね。低反発素材は、軟質ウレタンフォームなどからできています。お尻のラインをサポートして支え、腰への負担がかかりにくくなるように体圧を分散してくれるとされている素材です。

しかし、人によっては低反発素材が合わないということもありますので、実際に店頭で試して使用してみるのが大事です。

また、座った後にすぐにぺしゃんこになってしまうようなクッションは買ってはいけません。

なお、低反発クッションのようなお尻を包み込む素材の商品は、肌との密着度が高いのでムレる可能性があります。肌が弱い人は気をつけましょう!

③硬いクッションを選ぶ

Amazonでチェック

柔らかすぎるクッションを購入すると、骨盤の下にある座高が支えられません。硬すぎるクッションはおすすめできませんが、ある程度は硬いものを選ぶようにしましょう。

④背もたれがついている

Amazonでチェック

座面だけのクッションは、場合によっては姿勢の矯正にはなりません。骨盤が歪んで後ろに傾いていしまう人は、背面もついているクッションを選ぶと姿勢が安定します。

⑤骨盤をサポートする形をしている

Amazonでチェック

骨盤を包み込むような形をしているクッションは、骨盤や背骨の歪みの矯正に役立ちます。

ただ、上記で紹介したポイントだけでなく、坐骨神経痛の人がクッションを選ぶ際にはまだ気をつけなければいけないところがあります。

まず、自分の使っているイスや車の座面との高さが合っているのかどうかを見なければいけません。また、実際の座り心地もチェックするべきです。通販で購入するよりは、店頭で本物の商品を確認してから購入したほうが堅実です。

高反発クッションは坐骨神経痛にいい?

疑問に思う女性

低反発クッションは坐骨神経痛にいいとされていますが、万能ではありません。その症状によっては、逆に腰が痛くなってしまうこともあります。

そういった方が高反発クッションを使用したら症状が好転し、「臀部がしびれにくい」「車の座席に敷いたら腰の痛みが軽減した」というケースも存在します。低反発より高反発クッションのほうが好相性の方もいますので、試しながら選ぶことをおすすめします。

また、「横になっている時に、膝の裏部分に三角クッションを敷くと痛みがとても楽になった」という意見がある三角クッションや、「普通のクッションよりもお尻や腰に負担がかかりにくい」「座り仕事をしている人にはおすすめ」というドーナツ型クッションなど、坐骨神経痛に役立つクッションはいろいろあります。ただし、この相性も個人差があるでしょう。

まとめ

坐骨神経痛ナビ

いかがでしたか?

・正しい姿勢をキープ

・オススメは低反発、骨盤をサポートし、背もたれがある硬いクッション

・ただし個人差があるので、自分に合ったクッションを探すこと

こちらのポイントをぜひ覚えておいていただいて、クッションを選びましょう。

クッションを使用すると腰への負担が軽減しますが、あくまで一時的なものです。持続して痛みが減るわけではありませんので、治療をちゃんと受けることが肝心です。

また、座っている姿勢自体が腰に負担をかけるものですから、長い間座らなくてはいけない時にはたびたび立ち上がり、軽いストレッチなどをして血行を良くするようにしましょう。

 

(関連記事)

坐骨神経痛にバンテリン、フェイタスなどの塗り薬は効果あるの?

坐骨神経痛から下半身の麻痺(しびれ)を感じた時の改善エクササイズ

坐骨神経痛の原因はストレス?入浴と睡眠でリラックスして改善しよう

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 歪みは腰痛の他の病気まで引き起こす?早期治療には正しい姿勢を

  • 坐骨神経痛と猫背 矯正ベルトやサポーターで正しい姿勢になろう

  • 【腰に負担がかからない正しい椅子の座り方】腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛にも

  • 座る時、立ち上がる時の腰への負担と痛み…プロが教える原因と対処法

  • 腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方