1. TOP
  2. 坐骨神経痛と猫背 矯正ベルトやサポーターで正しい姿勢になろう

坐骨神経痛と猫背 矯正ベルトやサポーターで正しい姿勢になろう

 2016/09/09 姿勢・座り方
この記事は約 4 分で読めます。

坐骨神経痛を改善したいなら、姿勢矯正は欠かせないと言われています。腰に負担をかけすぎているせいで、あなたの坐骨神経痛はますますひどくなっています。

猫背のような悪い姿勢はやめて、正しい姿勢を身につけましょう。猫背を治すなら、矯正ベルトやサポーターを利用してもOK。便利な猫背矯正グッズを活用しながら、姿勢を治して坐骨神経痛から解放されましょう!

坐骨神経痛を治すなら、姿勢を矯正しよう

姿勢が悪いと坐骨神経痛に

坐骨神経痛を和らげたいならば、実践すべきこと。そのひとつに「姿勢を矯正する」があります。

その理由とはなぜか?坐骨神経痛に悩んでいる人は、「腰に負担をかけすぎている」可能性があるからです。坐骨神経痛の患者さんは、腰椎のまわりの神経が圧迫されているせいで、症状が悪化する傾向が高いとされています。

つまり、多くの患者さんが腰に問題を抱えており、負担がかかりやすいのです。

そのため、腰に負担がかかるような姿勢を続け、負担をかけ続けると、痛みやしびれもより強くなることでしょう。

坐骨神経痛なら、こんな姿勢をとってはいけない

坐骨神経痛に悪い姿勢

坐骨神経痛に悪い姿勢02

出典:https://yo-tsu.org

坐骨神経痛の患者さんは、姿勢が悪いのがいけないのはもちろん、以下の姿勢はとってはいけないとされています。

・腰を反らして作業をする

・腰を変な方向にねじって作業をする

・腰に負担をかけるような姿勢で、重い荷物を運んだり、作業したりしている

・立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けている

こういった姿勢はできるだけ避けましょう。

それでは、できるだけ正しい姿勢をとったほうがいいならば、背筋をできるだけ伸ばしたほうがいいのでしょうか?

実は、坐骨神経痛に悩んでいる猫背の方が、いきなり背筋を伸ばして日常生活を送ろうとすると、逆に痛みが強くなることがあります。これは、結局は正しい姿勢をとれていないからです。無理に背筋を伸ばすと、腰をそらしすぎてしまうことも。気を付けなければいけません。

坐骨神経痛が良くなる、正しい姿勢とは?

正しい姿勢

出典:https://yo-tsu.org

坐骨神経痛には、猫背もダメですが、そらしすぎもNG。姿勢良くしているつもりでも、反らし腰になっていることがあります。理想はS字のようなカーブを描く姿勢です。

STEP①

まずはまっすぐ立つ。頭だけが吊り上げられたようなイメージで、グーッと上に伸ばす

STEP

お尻の筋肉に軽く力を入れます

STEP

顔は横や下を向かずに、正面を向き、あごを引きます。

 

これが、正しい姿勢です!簡単にできますので、毎日この姿勢を心がけるようにしましょう。

坐骨神経痛のために、猫背を治したいなら?

まず、簡単に矯正したいなら整骨院や整体院、カイロプラクティックなどを選ぶことをおすすめします。ただし、リラックスを目的にしたマッサージ店などは不向きですので、注意しましょう。

また、猫背を改善するエクササイズなどもあります。ストレッチやピラティスなどをすることで、悪い姿勢を正せる下地を作ることができるでしょう。ピラティスは骨格を正しい位置に戻すことを意識しながら、体幹を鍛えられます。また、ストレッチでは筋肉をほぐし、血行を良くすることができるでしょう。

坐骨神経痛にも、猫背矯正ベルトって効く?

腰痛ベルト・コルセット

坐骨神経痛には、猫背矯正ベルトも効果があるそうです。「背筋矯正ベルト」「姿勢サポーター」などという名称がついているものもあります。

こういったものを利用すると、つい猫背になりがちな人も意識して姿勢を正せるようになりますよ!

まとめ

スポーツインストラクター

坐骨神経痛を軽くするには、姿勢を良くすることも大事です。

ストレッチやピラティスで筋肉と体幹を鍛え、血行を良くしてみましょう。また、猫背矯正ベルトはついつい背中が丸まりがちな人にも便利です。

まずはまっすぐ立つことや、顔を前に向けることなどを意識しながら、普段の生活を送るようにしましょう。

しかし、無理は禁物です。まっすぐ立とうとすると余計に痛いならば、まずは様子を見ながら、医師などに相談してみて下さい。

 

(関連記事)

腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

坐骨神経痛の原因はストレス?入浴と睡眠でリラックスして改善しよう

坐骨神経痛にオススメ!無理をしないヨガ7つのポーズ

Sponsord Links
この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

\ SNSでシェアしよう! /

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ヒカル

ヒカル

ザコナビ編集長のヒカルです。当サイトでは、坐骨神経痛をはじめ、腰痛・ヘルニアなど足腰の症状でお悩みの方必見の最新情報をお届けしております。ぜひ健康的な体を取り戻しましょう。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二児の母のヘルニア治療・手術体験談!悪化する前に生活習慣の改善を

  • 腰を捻った瞬間に激痛が…。冷えや猫背が原因の腰痛を改善した体験談

  • 病院や整体でも治らなかった慢性腰痛!仕事を変えたら改善した体験談

  • デスクワークで足腰を痛めたら?慢性腰痛を克服した3つのセルフケア

関連記事

  • 【腰に負担がかからない正しい椅子の座り方】腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛にも

  • 腰痛、坐骨神経痛の方必見!2分で分かる正しい椅子の座り方

  • 座る時、立ち上がる時の腰への負担と痛み…プロが教える原因と対処法

  • 坐骨神経痛でお悩みの方へ クッションを選ぶ際の5つの注意点とは?

  • 歪みは腰痛の他の病気まで引き起こす?早期治療には正しい姿勢を