1. TOP
  2. 坐骨神経痛とはどんな症状?まず知っておくべき基礎知識

坐骨神経痛とはどんな症状?まず知っておくべき基礎知識

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、病名ではなく症状です。

お尻から足にかけての下半身に、痺れや痛みが起きるときの症状のことを言います。

腰痛から発祥して、徐々にお尻や腿の裏のハムストリングスへ症状が現れ、ふくらはぎや足先へと広がっていきます。

痺れや痛みだけでなく、麻痺をも引き起こすことがあります。

坐骨神経とは?

坐骨神経は、末梢神経(まっしょうしんけい)のなかで最も太くて長い神経で、下記の図のように腰から爪先まで伸びています。

出典:ほのか整骨院

坐骨神経痛

出典:http://a-pacific-chiro.com/

坐骨神経痛になる原因

坐骨神経痛の原因は、年齢によって異なってきます。

若い方の場合ですと下記の2つが多いでしょう。

(1)腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

腰椎椎間板ヘルニアは急速に発症する特徴があります。

坐骨神経痛は、多くの場合、片側のみ発生するのですが、ヘルニアの症状の度合いによって両側に発生することもあります。

(2)梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

梨状筋症候群は、緩やかに発生していき、仕事や運動などで坐骨神経にストレスがかかり発症することが原因です。

高齢者の場合ですと、下記の3つが多い原因となります。

(1)変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)= 腰部変形性脊椎症(ようぶへんけいせいせきついしょう)

(2)腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

(3)帯状疱疹(たいじょうほうしん)

上記以外ですと、腫瘍(しゅよう)が原因で発症する場合もあります。

坐骨神経痛になったら

何らかの原因があって、坐骨神経痛の症状が出ているので、まずは病院に行って坐骨神経痛が起こっている原因を調べてから治療をすることになります。

検査

検査

検査は、レントゲンやMRIが使われます。ですが、病院で検査をしても原因が分からないこともあります。

「腰痛の80%は原因不明」という話もあります。

実は、原因不明の坐骨神経痛に悩まされている人はかなりたくさんいるようです。

病院

病院

病院では、筋肉の緊張を和らげる飲み薬が処方されたりします。痛みがひどい時には湿布を貼るのも効果があるようです。

病院に行っても症状がなかなか改善しない場合には、接骨院や、カイロプラクティック、鍼灸院、マッサージなどの東洋医学の治療が効果的な場合も多いようです。

ですが一時的な痛みを抑えるだけでは対処療法にしかなりません。これではすぐに症状も再発しますし、お金も時間も無駄になる可能性があります。やはり根本原因から改善できるよう主治医に相談しましょう。

オススメの動画

こちらは医学博士・医師で元NHKアナウンサーの吉田たかよしさんによる坐骨神経痛の解説動画です。

3分ほどの動画なのですぐに見れて理解できますので、ぜひチェックしてみてください。

 

続けて下記のページもチェック!

坐骨神経痛の基礎知識】

坐骨神経痛の症状をさらに詳しく学ぶ!

坐骨神経痛の主な原因とは?

坐骨神経痛が悪化するとどうなる?

 

【坐骨神経痛の治療法】

坐骨神経痛の治療法・予防法とは?

坐骨神経痛を自分で治す!ストレッチ・ツボ押し・マッサージのやり方とは?

坐骨神経痛の改善に持っておきたいおすすめケアグッズ

坐骨神経痛の治療に使う薬、漢方、サプリメントについて

 

オススメの殿堂入り記事一覧はこちら

Sponsord Links

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法


「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。」
「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。」
「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。」


坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。

「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。」
「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。」


これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。

こちらの体験談のページにも記載いたしましたが、私はこのストレッチを続けたことで本当に足腰の痛みがなくなりました。

Sponsord Links